神様はきっと 歌ってるFukiさんはヘヴィメタルアニソンシンガー!?

W’zのED曲で伸びやかで

綺麗な歌声を初めて耳にしたんですが

どんな方なのか調べてみたら

ヘヴィメタルアニソンシンガーって

触れ込みを見てギャップに

度肝を抜かれました。。。

今回の曲はどちらかと言えば

バラード調の穏やかな曲なんですけど

Fukiさんはどんな方なのか?

曲の聴きどころと共に

紹介してみようと思います!

作品紹介記事はこちら

参照:http://amuleto.jp/fuki/disco

1.実は声優もラジオMCも!?

ヘヴィメタルアニソンシンガーって

肩書でもかなり驚いたんですけど

調べてみたら、声優、ラジオMC、ナレーション

幅広すぎる活動ぶりで凄いなと!

2011年にヘヴィメタルバンド

LIGHT BRINGER

ボーカルとしてメジャーデビュー!

バンド名に中二病感が漂ってて

これぞ!メタルバンドって感じで良いですね。

そちらのバンドは残念ながら

2014年で無期限休止してるんですが

現在はUnlucky Morpheusってバンドの一員

天外冬黄として引き続き活動されてます。

Unlucky Morpheusが気になる方はこちらもどうぞ!

バンドだけでなく2016年からは

Fuki Communeとしてソロでも活動と

音楽分野だけでもかなりの活動ぶりですね。

アニメ主題歌は2016年放送の

怪盗ジョーカーシーズン3で

ED曲を担当してから

テラフォーマーズ2期ED曲ときて

今回で3度目になるようですね。

怪盗ジョーカーではED曲だけでなく

キャラクターとして声優も担当されてます!

これまでは配信リリース

他のアーティストさんと一緒に

コンピレーション盤としてリリースだったので

今回がソロでのCD発売は初めてになるようですね。

文字通り調べれば調べるほど

意外な一面が見えてくる

魅力一杯な方だと思うので

気になる方はこちらも合わせて見てみて下さい!

Fukiさんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

2.この曲の作詞、作曲は?

今回の曲はどなたが作詞、作曲をされたのか

気になったので調べてみることに!

作詞はFukiさんご自身で担当されてます。

バンドに参加されてるのもありまして

作詞されてるのかな?

何となく予想できるところはあったものの

既に100曲以上作詞されているということで

かなりの経験を積まれてるのに驚きましたね。

作曲はHiroaki Watanabeさんが担当されてます。

初めてお見かけしたのでご紹介を!

ご自身でもre:plusという

ヒップホップユニットとして

活動する傍らで楽曲提供もされてるようですね。

ユニットのイメージとの兼ね合いもあってか

これまでの楽曲提供曲について

まとめたりはされてないのもあり

個々で調べていくしかないのかなと。

今回の曲を聴かせていただいても

ヒップホップとは対極にあるような

繊細で温かい優しい音色なので

作曲、編曲の実力、引き出しの多さは

ひしひしと感じられますね。

Hiroaki Watanabeさんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

3.神様はきっとはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

柔らかく差し込む陽光のような雰囲気を感じる

聴いていて落ち着ける曲ですよね。

Fukiさんはヘヴィメタルバンドの

ボーカルとしても歌われてると

書かせて貰ってるんですけど

ヘヴィメタルって一見すると

繊細さと無縁に見えると思うんですが

その実、曲によっては細やかな表現が

要求されるジャンルでもありまして。。。

そういった点を踏まえて考えてみると

今回の「神様はきっと」って曲で

愛するパートナーを実直に想う気持ちを

絶妙に表現して歌われてるのも

そういった活動での積み重ねが

活きてるんじゃないかと思えますね。

そんな真っ直ぐな想いを描いた歌詞と

お互いに引き立てあうような

流麗なメロディでどこか神々しさも感じるような

不思議な魅力のある曲に仕上がってると感じました。

Fukiさんはアニメ主題歌担当の

アーティストさんとしては活動の幅も広く

今後、予想もしない楽曲を聴かせてくれそうな

底の見えなさを感じる方なので

次回はどんな作品の主題歌で

耳にすることになるのか

今から楽しみで仕方ないですね!

神様はきっとダウンロードはこちらからどうぞ

レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする

レクタングル広告大