Pyxis 3rdシングル LONELY ALICE!切なさを絶妙に表現した歌詞!

この記事の所要時間: 719

ユニット名はメンバーの伊藤美来さんが

ソロで曲をリリースされた時に

見かけてたんですけど

その時はどんなユニットなのか

調べてなかったんですよね。

Pyxisがどんなユニットなのか

曲の聴きどころと共に紹介してみようと思います!

作品紹介記事はこちら

参照:http://www.teichiku.co.jp/artist/pyxis/

スポンサードリンク

1.Pyxisってどんなユニット?

結成自体は2015年なんですけど

メジャーデビューするまでに1年ほど間がありまして

その間はラジオをやったりと

音楽以外の活動がメインだったようです。

2016年の8月に1枚目のアルバムをリリース!

そこから現在までにシングル3枚、アルバム2枚

一歩ずつ積み上げていっている感じですね。

ちなみにメンバーは冒頭にも書かせてもらった

伊藤美来さんと豊田萌絵さんのお二人です!

伊藤美来さんに関してはソロ曲の

紹介の時に詳しく紹介させてもらってるんですが

やはりユニット曲だとソロの時とは

違った雰囲気の一面を見ることができて

面白いなと感じました。

伊藤美来さんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ!

豊田萌絵さんはこれまでに

紹介したことがなかったんで

簡単に紹介させてもらおうと思います!

2012年にこの中に1人、妹がいる!

声優デビューされてて翌年には

境界の彼方で主要キャラを演じたり

響けユーフォニアム、アイドルメモリーズ

今期はガルパピコに出演されてます。

出演作品が気になる方はこちらもどうぞ!

個人的にはアイドルメモリーズ

見かけたのが意識したきっかけでしたね。

この作品がその当時としては

かなり珍しい構成で前半15分がアニメ

後半15分は声優バラエティと言う

ここ最近ちらほら見るようになった

番組構成の先駆けだったんじゃないかと。

そちらの作品でセンターに位置して

MCとして周りのメンバーを引っ張ってた姿が

とても印象的だったのを覚えてます。

ちなみにアイドルメモリーズは

ここ最近破竹の勢いでアニメ原作を制作されてる

中国のHappy Elementsが手掛けてまして

この春、夏と2期連続で担当してるアニメも放送されてるので

そこら辺に注目してみても徐々に存在感を

増していってる気がしますね。

Happy Elements作品紹介記事はこちら

豊田さんの音楽活動なんですけど

デビュー直後にStylipsに加入して

ユニットとしても活動されてるし

今回、紹介させて貰ってる

Pyxisとしても活動しつつ

参加作品のキャラソン、主題歌も歌ってと

かなりの経験を積まれてますよね。

主題歌だけでも響けユーフォニアム

アクションヒロインチアフルーツを始め

いくつも担当してきてるので

今回の曲の堂々たる歌いっぷりにも納得でした。

豊田萌絵さんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク

2.この曲の作詞、作曲は?

作詞、作曲はどんな方々が担当してるのか

気になったので調べてみることに。

作詞はこの曲でまるっと1年連続で

主題歌の作詞を担当されてる

中村彼方さんだったんですね!

初めてお見かけしたのは昨年秋放送の

結城優奈は勇者であるの主題歌だったんですが

そこからだがしかし2、お前はまだグンマを知らない

この1年間毎クール見かけてまして

何名かはそういった方もおられるのかもしれませんが

素直に凄いの一言じゃないでしょうか。

中村彼方さんが手掛けた曲の紹介記事はこちら↓

作曲は山口朗彦さんと言われる方でした。

初めてお見かけしたので簡単に紹介を!

POPHOLICって会社に所属して

作詞、作曲、編曲と音楽制作に

関わっておられるようですね。

POPHOLIC公式サイトはこちら↓

これまで曲を手掛けた作品としては

アイマス、ラブライブ、プリキュアを始め

かなりの数の曲を制作されてます。

アニメのみでなく声優さんなどへの

楽曲提供もされてまして

その中でも喜多村英梨さん

かなりの数の曲を提供されてるので

聴きこんできた曲の作り手を発見できて

ちょっと嬉しかったですね。

山口朗彦さんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク

3.LONELY ALICEはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

メロディの感じがアイドルソングっぽいなと。

そこら辺がPyxisってユニットには

とてもピッタリとハマってると感じました。

歌詞がこれまた面白くて

ありすorありすの主題歌ってのもあってか

不思議の国のアリス関連の

用語が散りばめられてるおかげで

パッと何の作品の主題歌か分かるんじゃないかと。

そんな歌詞と曲を可愛らしく

時に切なさを含ませつつ上手いこと

歌い上げてるボーカルがやはり

一番の聴きどころにはなると思うんですよね。

今回の曲を聴いて思ったのが

2人の声質とか雰囲気もあると思うんですが

可愛らしいんですけど落ち着いてて

周りのユニットととはちょっと違う感じがするなと。

今回の曲に関しては曲の世界観に合わせた

MVも制作されてましてこちらも一緒に見てもらうと

一段とメンバー二人の魅力も感じて貰えるかと思います。

次回のリリースはまだ決まってないようですが

どんな曲を聴くことができるのか?

楽しみに待っておきたいところですね。

LONELY ALICE公式サイトはこちら↓

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大