ゾイドワイルドゼロ OP「blue blue blue」Ivy to Fradulent Game 2期連続アニメ主題歌!

2019秋アニメ主題歌

2019夏クールもトライナイツのED曲で

じっくりと聴き入れる曲を披露していて

印象に残るバンドだったんですけど

まさかの2期連続でのアニメ主題歌!?

 

2019秋クールはゾイドワイルドゼロ

担当する作品のジャンルも全く違うのに合わせて

曲の感じもガラッと変わってるんですよね。

 

どこら辺が聴きどころになりそうか

紹介していきたいと思います!

 

ゾイドワイルドゼロ紹介記事はこちら

 

Ivy to Fradulent Gameを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

 

 

引用:© 2019 Ivy to Fraudulent Game

 

1.アルバムからのタイアップ

今回はアニメ盤ジャケットあるのかなと

気になって調べてみたんですが

blue blue blueはアルバムのリード曲なんですね。

 

ここ最近はアルバム曲の中から

アニメの主題歌タイアップって

パターンも増えて来てるんですけど

改めてCDの売り上げが思わしくないのかなと

そんなところが気になったり…

 

アルバムから起用された他のアニメ主題歌はこちら

 

 

色々な部分が気になる1曲なんですが

やはり、タイアップ第2弾にして

アルバムから起用されるくらい

バンドとして評価されている

Ivy to Fradulent Gameの凄さですよね。

 

他にもアニメ主題歌を担当してるバンドは

かなりの数存在してるんですけど

アルバムから起用されてるケースは本当に数が少なくて

まだまだ珍しいんじゃないかと思います。

 

特にゾイドワイルドって並み居る

有名アーティスト達が主題歌を担当した後の

新作主題歌ということで難しい部分もある中で

バシッとキメてくる辺りは流石だと感じました。

 

2.スッキリとは終わらないMV

曲名がblue blue blueなので

青空が見える場所でのMVかと思いきや。。。

そこはこれまでのMVでも予想できない

映像を作り続けて来てるバンドだったよねと

改めて感じさせられる内容でした。

 

MVはこちら

Ivy to Fraudulent Game ”blue blue blue” MUSIC VIDEO

引用:© 2019 Ivy to Fraudulent Game

 

見て貰うと分かる通り曇り空を背景に

うちに秘めたもどかしさや憤りを懸命に

歌、演奏にぶつけてるという雰囲気で

曲名になってるblueってよくよく考えたら

様々な意味合いを持つ言葉だとふと思わされました。

 

先程書いたように突き抜ける綺麗な青空もあれば

ズーンと沈んだ気持ちもブルーって表現されるし

悩みつつがむしゃらに突き進む青春なんて言葉もあり

そんな言葉たちが体現してるように今回のMVでも

一言では語れない多彩な「青」が描き出されてますね。

 

3.blue blue blueはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

曲からも作品の世界観がガラッと変わったのが

伝わってくるんで最高の主題歌だと思います!

 

ゾイドワイルドゼロの前作である

ゾイドワイルドはどちらかと言えば

年齢層低めにも響くような作りになってて

見る方によっては物足りなさもあったようです。。。

 

今回は共和国軍VS帝国軍による

戦争を真っ向から描いてるのもあり

正反対とも言える世界観なので

そこをはっきりと伝えられる楽曲って

必須だったと思うんですよね。

 

そんな位置づけでもある今回の楽曲なんですけど

1人で思い悩み、悩みぬいた末に誰かと共に歩む

そんな段階へ徐々に成長する姿を綴った詞が

大きな渦に巻き込まれる主人公たちの姿と重なり

作中の場面も浮かんでくる曲だと感じました。

 

曲は戦争というどちらにもそれぞれの正義があり

一言では語れない作品の主題歌らしく

明るくもないけど、暗いわけでもない

絶妙なラインの曲になってるんですよね。

 

命のやり取りも出てくる以上は

明るくしすぎるわけにもいかないし

かといって暗すぎてはテンポ感がなく

聞きづらい曲になるという難しいところを

聴きやすい上に色々と考えさせられる曲に

まとめてあるのでじっくりと聴いて見て欲しいと思います。

 

ここまで主題歌となった2つの曲は

どちらも一度聴いたら忘れられない

印象深い曲となっているので

2020年はどんな深く刺さる曲が聴けるのか

また1つ楽しみが増えましたね。

 

コメント