七つの大罪 神々の逆鱗 ED「Regeneration」雨宮天さん 1年ぶりのアニメ主題歌!

2019秋アニメ主題歌

2019秋アニメの1本として

約1年ぶりに3期が放送中の

七つの大罪なんですけど

EDは2期後半に引き続きでエリザベスを演じる

雨宮天さんが担当されてます。

 

今回の曲はどこら辺が聴きどころになりそうか

紹介していきたいと思います!

 

七つの大罪 神々の逆鱗紹介記事はこちら

 

雨宮天さんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

 

引用:Copyright 2019 Sony Music Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

    Copyright 2019 Sony Music Marketing Inc. All rights reserved.

 

1.麗しく凛々しい立ち姿

雨宮天 『Regeneration』Music Video(short ver.)

 

引用:Copyright 2019 Sony Music Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

    Copyright 2019 Sony Music Marketing Inc. All rights reserved.

 

今回の曲もMVが公開されてるので

拝見させて貰ったんですけど

どこか劇中のエリザベスと重なるような

ドレスを纏って歌われてる姿に目を奪われました。

 

撮影されてる場所も断崖絶壁であったり

森の中と七つの大罪の作中を彷彿とさせる

舞台をいくつもチョイスされてまして

こだわりを感じる映像だと思います。

 

公式チャンネルで公開されてるMVは

ショートverなんですけど初回限定盤付属のDVDに

フルverが収録されてるので気になる方は

そちらも合わせて要チェックです!

 

初回限定盤

引用:Copyright 2019 Sony Music Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

     Copyright 2019 Sony Music Marketing Inc. All rights reserved.

 

今回は全3種類で発売されてまして

初回限定盤 CD+DVD(MV収録)

期間生産限定盤 CD+DVD(七つの大罪ノンクレジットED)

通常盤 CDのみ

こんな感じの仕様になっているので

雨宮天さんが気になる方も

七つの大罪が気になる方も

好みに合わせて選べて良いですよね!

 

2.この曲の作詞・作曲は?

今回の曲はどなたが作詞、作曲されたのか

気になったので調べてみることに!

 

作詞はKOUTAPAIさんが担当なんですね。

まだ紹介したことなかったのでご紹介を!

 

2004年頃から作家として活動されてまして

これまでにAKBグループだったり

三代目J Soul BrothersJUJUさんなど

人気グループへの楽曲提供をされてます。

 

そちらへの提供の時には大河内航太名義で

アニメ・アイドルソングを提供する時

今回のようにKOUTAPAIという名義を使われてるんですね。

 

これまでアニメ・声優関係で楽曲を

提供されてる方々は人気どころ多数で

水樹奈々さん、東山奈央さん、花澤香菜さんなど

実は意識せずに聴いてた曲がいくつもありました。

 

アニメ主題歌もフェアリーテイル

パズドラRe:CREATORS

何作品も手掛けて来られてるんですよね。

 

これまで主題歌提供されたアニメが気になる方はこちらもどうぞ

 

 

作曲はSakuさんが担当されてます。

久方ぶりにお見かけしたと思ったら

アニメの主題歌は2018年冬クールの

グランクレスト戦記のED以来

1年半ぶりということでした。

 

Sakuさんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

 

3.Regenerationはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

歌詞は本編見た後で聴いたら

かなりストレートということに気付いて

こういう詞の綴り方もあるのかと驚かされますね。

 

色々な形のアニメ主題歌があるものの

どの曲も歌詞をよくよく眺めてみれば

作品の重要な要素を匂わせるくらい

詳細は本編見てね!というラインの詞が

多い気がするもので今回の曲はおっ!となりました。

 

よくよく考えたら今回でアニメは3期ということで

ここまで追いかけ続けてる方の多くは

かなりの作品ファンだろうと考えたら

物語をしっかりと把握してる方々が聴くと

より響く曲になってるんじゃないでしょうか。

 

そんな壮大な世界観の詞を包み込むような

切なく柔らかい曲なんですけど

時に鋭く、熱くといくつもの感情を

感じ取れる構成になっててじっくりと

聴き入りたくなるんですよね。

 

作品らしさをふんだんに取り入れた詞と曲を

雨宮天として、エリザベスとして

双方向からのアプローチで歌われてる

雨宮天さんなんですけど、どちらの表情も

部分部分で垣間見えて、一人の歌声ながら

違った雰囲気を纏っているという

不思議な感覚を体感できると思います。

 

2019年もソロとしてTrysailsとして

多岐にわたる活躍を見せておられたので

次はどんなアニメ主題歌でお目にかかれるか?

今から楽しみなところですね。

コメント