Wake Up Girls アニメ2期 OP曲「7 Senses」はどんな曲?

アニソン

2017秋アニメの1本である

Wake up,Girls!新章のOP曲ですね。

 

Wake up,Girls!新章紹介記事はこちら 

 

一期の時の曲と比べると垢抜けた感じで

良い具合にアイドルソングらしさ

出てるんじゃないでしょうか。

 

どこら辺が聴きどころになりそうか

紹介してみようと思います!

 

 

f:id:matuka1004:20171206220307j:plain

引用:©Green Leaves / Wake Up,Girls!3製作委員会

 

1.Wake up,Girls!ってどんなグループ?

アニメの制作にあわせてオーディションが行われ

その時点で全く事務所に所属してなかった

一般の方から選ばれた7人で結成されたグループです!

 

全くの素人さんばかりだったのもあり

1期の曲を聴いた時は物語上でも

デビューしたてということで

歌も演技も等身大って感じがあって

見聞きしてて面白かったですよね。

 

メンバーは

島田 真夢    吉岡茉祐さん

林田 藍里    永野愛理さん

片山 実波  田中美海さん

七瀬 佳乃    青山吉能さん

久海 菜々美 山下七海さん

菊間 夏夜  奥野香耶さん

岡本 未夕  高木美佑さん

以上、7名となってます。

 

Wake up,Girlsの作品楽曲を

歌うのは当然ながら

2期スタートまでの間には

恋愛暴君のオープニング曲や

異世界食堂のオープニング曲を

May'nさんとコラボして

歌ったりと幅広い活動の中

経験を積んでこられてますね。

 

May'nさんが気になる方はこちらもどうぞ

 

f:id:matuka1004:20171225212434j:plain

引用:©Green Leaves / Wake Up,Girls!3製作委員会

 

ちなみに今回はジャケットが

2種類ありまして冒頭に挙げた

初回限定盤と通常盤となってます。

 

実写の構図もアニメ盤と合わせてるという

かなりのこだわりぶりに驚かされましたね!

 

 

2.今回の曲の作詞、作曲は?

作詞は只野菜摘さんという方で

初めてお名前を見かけたのもあって

どんな方か調べてみました!

 

元々はソニーレコードの社員さんで

その時に作詞を始められて現在では

作詞家として活動されてるみたいですね。

 

どんなアーティストさんへ楽曲提供してるのかと

見てみたんですけど小倉唯さん、石田曜子さん

神谷浩史さんなど色んな方の

作詞を手掛けてこられてるようです。

 

アニメ関係だとアイカツ、アイマスと詞を書かれてて

今期はアニメガタリズのエンディング曲である

グッドラックライラックも作詞されてるんですね!

 

グッドラックライラック紹介記事はこちら

 

作曲は田中秀和さんという方で

お名前は何度か見かけたことがあったものの

紹介してなかったのでご紹介を!

 

2010年にMONACAに入社されて

作曲家として活動されてるようですね。

 

このMONACAって会社も

名前はちょいちょい見かけてたので

一緒に調べてみたんですけど

所属されてる面々が

これまたアニソン関係では

よく目にする名前の方ばかりでした。

 

調べてる最中にふっと目に入ってきた曲名があって

アイドルマスターシンデレラガールズ

ススメ☆オトメ 〜jewel parade〜って

曲なんですけどアイマス楽曲の中でも

個人的にはかなりお気に入りなんですが

この方が作曲されてたのかと嬉しい発見でした!!

 

その他の作曲楽曲でいくと

WORKING!!のキャラクターソングや

アイカツ関連楽曲などを手掛けているようで

ポップ系の曲が得意ジャンルなんですね。

 

3.7 Sensesはどんな曲?

肝心の曲の話なんですけど

今回の曲はそれぞれのソロパートも

用意されてて個々の成長具合を

歌声からはっきりと感じられるような

面白い構成になってると思いました!!

 

歌詞を眺めてて1期の時よりも

一段階上へ向かって

みんなで進んでいこう!と

そんな姿が浮かんでくる内容で

聴けば元気とやる気が湧いてくるような

素敵な歌詞じゃないでしょうか。

 

曲はそんな歌詞とリンクするような

ピアノとギターの音が特徴的

聴いてると気分が上がってくるアップテンポな曲で

ついついサイリウムを振り上げて

盛り上がりたくなっちゃう曲だなと!

 

ボーカルは1期の時の曲と

聴き比べてみて欲しいんですけど

作品と共にメンバーが成長してる部分もあり

他の作品ではなかなか感じられない

感覚を味わえると思います!

 

コメント