フィクション sumikaってどんなバンド?喜怒哀楽の表現が絶妙な歌詞!

この記事の所要時間: 424

ヲタクに恋は難しいのオープニング曲で

初めて聴いたんですけど

曲の雰囲気がとても聴いたことある感じで

前にどこかで聴いたことあるかなと思いきや

アニソンを担当されるのは今回が初めてのようです。

sumikaってどんなバンドなのか

曲と共に紹介させてもらおうと思います!

作品紹介記事はこちら↓

参照:http://sumika.info/#

スポンサードリンク

1.sumikaってどんなバンド?

2013年に結成されて今年で5年目の

4人組バンドのようですね!

これまでにシングル6枚

ミニアルバム4枚に

フルアルバム1枚をリリースしてます。

調べてて面白そうだと思ったのが

ライブの時は音楽関係の方だけでなく

写真家、陶芸家、建築家の方などを呼んで

一緒にライブを作ってるそうなんですが

どんな感じなのか気になりますよね!

気になったんで公式で公開されてる

動画にその模様が映ってるものがないかと

探してみたものの見当たらないので

実際にライブへ足を運ぶしかないみたいです。

ちょうどこの5月から全国ツアー中のようなので

まだライブ前のエリアにお住まいの方は

調べて参加してみるのも良いかもしれませんね!

バンドの詳しい情報、ライブ情報はこちら↓

スポンサードリンク

2.この曲の作詞、作曲は?

今回の曲は聴いてて

すぐに歌詞を覚えられた気がするし

曲も耳に残るよなと思ってまして

どんな方が作詞、作曲したのか

初めて聴いた時から気になってたんですよね!

調べてみたらボーカル、ギター担当の

片岡健太さんが作詞も作曲もされてるそうです。

これまでリリースされた曲の

ほとんどを一手に担ってるようで

今回のフィクションのように

ポップな曲からロックな雰囲気の曲まで

幅広く制作されてるみたいです。

今回、リリースされたシングルから

2つのMVが公開されてるんですが

こちらを見てもらうと曲によって

どれだけ振れ幅があるのか

感覚的に感じて貰えると思います。

フィクションのMVはこちら↓

ペルソナ・プロムナードのMVはこちら↓

色々な種類のバンドがあると思うんですが

やはりタイプ的にはロック一辺倒なバンドが多い中で

バランスよくポップな曲も制作されてるので

多種多様なタイプの曲が聴きたい!って方だと

しっくりとくるバンドなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

3.フィクションはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

ノイタミナ枠のヲタクに恋は難しい

みたいな作品の主題歌って

毎回、これ以上ないってくらい

作品とガッチリとハマる曲を持ってきてて

音楽関係を手掛けてる方凄いなと思うんですよね。

今回のsumikaってチョイスも

さすがの一言でオープニングから

見る人をグッと引き込んで離さないし

聴けば聴くほど新しい良さが発見できる

そんな曲じゃないかと思います。

タイトルにも書いてるんですが

4分弱の曲の歌詞の中に

喜怒哀楽それぞれの感情を

くどくならないように

サラッと盛り込んであって

ボケーっと聴いてると流しちゃうと思うんですが

一度、じっくりと注意して聴いてみると

この曲の印象が違ってくるかもしれませんね。

曲自体は全体的に軽やかで

春らしい心弾む楽曲と言うとこでしょうか。

これから梅雨時期でどうしても

気分が落ち込みがちになりやすいとこですけど

そんな空気を払拭してくれる曲じゃないかと思います!

調べてたら今年の秋公開の劇場版アニメ

君の膵臓をたべたいの主題歌と挿入歌を

担当しているそうなのでまたしばらくしたら

CM等で耳にすることもありそうですね。

君の膵臓をたべたい公式サイトはこちら↓

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大