安野希世乃 1stシングル ロケットビート!かわいい姿が満載のMV!

この記事の所要時間: 634

マクロスデルタのワルキューレの一員として

初めて歌声を聴いた時から

上手いなと思ってたんですが

今回、満を持してシングルリリースということで

どこら辺が聴き所になりそうか

安野希世乃さんの紹介と共に

書いてみようと思います!

作品紹介記事はこちら↓

参照:http://avex.jp/kiyono-yasuno/

スポンサードリンク

1.安野希世乃さんってどんな方?

どんな方知らないって方もいると思いますので

簡単に紹介させてもらおうと思います!

声優として2009年にデビューされて

アイカツの北大路さくら

冴えない彼女の育てかた(以下冴えカノ)の加藤恵

マクロスデルタのカナメ・バッカニアなど

ここ数年は人気作品の主要キャラを次々と

演じてきたそんな印象ですね。

音楽活動としては2012年に

キャラクターを演じていたUN-GOに始まり

冴えカノ、Wake,Up Girls、アイマス

参加作品で数多くのキャラソンを

歌ってきてましてその集大成が

2016年から活動されてる

マクロスデルタのワルキューレじゃないでしょうか。

アニメから飛び出したアイドルユニットとしては

異例の横浜アリーナでのライブ

ROCK IN JAPAN FESTIVALへの参加

普通ではなかなかできない経験をされてるので

そこら辺も今回の曲を始めとする

ソロでの活動に良い影響を与えてるのかなと。

ソロとしては昨年2017年7月に

ミニアルバム「涙。」をリリースしてまして

そちらは昨年夏に放送された異世界食堂の

エンディング曲が収録されてました。

デビューされてから今年で9年目ということで

活動歴としてはかなり長いと思うんですが

音楽活動に関しては昨年から始めたばかりなんですよね。

新しい曲がリリースされる度に

どんどんレベルアップしてる印象なので

これからの活動が楽しみなアーティストの

1人じゃないかと思います。

安野希世乃さんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク

2.この曲の作詞、作曲は?

カードキャプターさくら

前期のオープニング担当は

坂本真綾さんだったんですけど

その曲から上手いこと引き継いだ印象ですよね。

CLEAR紹介記事はこちら↓

全く違和感なかったんで一体どなたが

この曲の作詞と作曲されたんだろうと

かなり気になってたので調べてみました!

作詞は岩里祐穂さんでした。

このブログ初めて1年経たないんですが

今回で6回目の登場ということで

どれだけ多くのアニソンの作詞を手掛けておられるか

分かっていただけるかと思います。

今回の歌詞に関してもお見事!の一言

これまでカードキャプターさくらシリーズを

見たことある方ならもしかして主題歌?って

気付くであろう作品の世界観をばっちりと

捉えた内容になってると感じました。

岩里祐穂さんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ!

作曲はどなたかと思ったら

北川勝利さんだったんですね。

記憶に残ってる方も多いと思いますが

昨年秋に放送されたJust Because!

オープニング曲だったover and over

作曲してた方なんですよ。

Just Because!、over and over紹介記事はこちら

調べてみたらこれまでもこばと、ちょびっツ

CLAMP作品の主題歌を何度も

作詞、作曲してこられてるので

お手の物な部分もあったのかもしれないですね。

安野さんとも昨年のアルバムの時から

一緒に曲作りをされてて今回で2度目なので

どういった曲であれば安野さんの良さを

活かせるかってところも分かってたのかもなと

そんな風に感じるくらい作品にも安野さんの歌声にも

ピッタリな曲に仕上がってると感じました。

スポンサードリンク

3.ロケットビートはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

初めて聴いた時に以前のシリーズの主題歌だった

プラチナがふと頭をよぎったんですよね。

改めて確認してみてもプラチナの

作曲は菅野よう子さんだったんで

全く違う方だったんですけど

実は作詞が今回紹介した

岩里祐穂さんだったという!!

岩里さんは本当に長いこと

活動してこられてるので

こういうこともあるんだなと思うんですが

17年経ってまたカードキャプターさくらの

曲の作詞をされてるんですよね。

今回の曲を聴いて何が凄いって

それだけの時が経ったにも関わらず

17年前の曲の雰囲気を上手いこと

新しい曲の歌詞に反映されてて

その辺りに匠の技を感じました。

歌詞も凄いと思ったんですけど

何よりもカードキャプターさくらの主題歌って

世界観を形作ってるのは曲自身なので

そんな曲を作曲された

北川さんも素晴らしい方ですよね。

そんなお二方が制作された楽曲に

ボーカルって形で魂を吹き込んでる

安野さんなんですけど凄まじいなと。

正直、楽曲自体のレベルが物凄く高くて

並の方じゃ歌いこなすのが難しい気がするんですけど

文句のつけようのない歌いこなし方ですよね。

歌の場面場面で様々な感情をのせていて

是非ともライブで聴いてみたい曲だと思いました。

MVも公開されてるので見てみたんですが

もうね!可愛すぎてこれはファンになりますわって

言いたくなる素敵な内容になってるので

曲が気になるって方は試聴もかねて

見てもらうのもありじゃないでしょうか。

MV公開ページはこちら

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大