慎重勇者 アニメOP「TIT FOR TAT」MYTH&ROID 2期連続の異世界アニメ主題歌!

2019秋アニメ主題歌

夏クールも異世界チート魔術師で

OPを担当してたのもありまして

2期続けて異世界物の主題歌

かなりの勢いを感じますよね!

 

今回は2019秋アニメの1本である

慎重勇者ってギャグ要素も強めの

異世界物主題歌となってるんですが

どこら辺が聴きどころになりそうか

紹介していきたいと思います!

 

慎重勇者紹介記事はこちら

 

MYTH&ROIDを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

 

 

引用:© TaWaRa Inc,All rights reserved.

 

1.字幕付きで親切なMV

MYTH&ROIDの楽曲の特徴というと

大部分が英語詞というところが1つあるんですが

正直、どういう意味なのか分からない!って

パートも出てくるんですよね。

 

今回のMVはそんな意見もあってか

TIT FOR TATのMVでは丁寧に

字幕がついて分かりやすくなってます!

 

MVはこちら

MYTH & ROID「TIT FOR TAT」MV (TVアニメ「慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜」OP)

引用:© TaWaRa Inc,All rights reserved.

 

こちらのMVを見ててもしかしてと思ったのが

日本語詞→英語詞に翻訳して字幕になってて

海外のファンの方から日本語パートの意味が

分からないってご意見もあったのかなと。

 

MYTH&ROIDはここ最近、以前にも増して

海外へライブをしに行く機会が増えてるようです。

 

公式ツイッターを眺めてても中国、欧州を始め

様々なところにファンが増えていってるので

日本だけをターゲットにした場合とは違う

ニーズも色々と出てきてるんでしょうね。

 

そんなところも気になる今回のMVなんですが

ついこの前リリースされたPANTA RHEI

MVに引き続きで全編仮面を被って撮影されてます。

 

被ってる仮面も違うし、世界観も違うんですが

仮面にどういった意味合いを込めて

用いてるんだろうかと見れば見るほど

気になってくる映像だと感じました。

 

2.この曲の作詞・作曲は?

今回の曲はどなたが作詞、作曲されたのか

気になったので調べてみることに!

 

今回もMYTH&ROIDとして

作詞、作曲共に手掛けられてます。

 

2019年初にリリースされた

ブギーポップは笑わないのOPから

この曲で3曲目になるんですけど

日本語詞と英語詞の組み合わせ方が

面白い感じになってますね。

 

英語詞と日本語詞が意味的に

呼応している構成になっていて

不思議なテンポ感を生み出すきっかけに!

 

これまで発表された2曲は

日本語パートは日本語パート

英語パートは英語パートと

分かれてる印象だったんですけど

今回は上手いこと混ざり合っていて

また1つ新しい楽曲の形を見せて貰えましたね。

 

3.TIT FOR TATはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

曲の雰囲気はMYTH&ROIDらしい

重厚感のあるロックで聴き応えありますよね。

 

作詞、作曲の部分でも軽く触れたんですが

今回の曲は英語詞と日本語詞の

織り交ぜ方がかなりこ慣れた感じで

日本語詞だったらリズム的に

収まらない意味合いのワードも

英語詞で上手い具合にはめ込んであったり

より凝縮された歌詞になっていると思います。

 

これまでの曲と比べてもハードめな曲で

KIHOWさんのボーカルはどうだろうかと

聴いてみたら熱く、激しく歌われてて

本当にどんなタイプの曲でも歌える

際限のない表現力を持ち合わせておられるんだ

改めて凄さをひしひしと感じました。

 

今回の曲名であるTIT FOR TATには

やられたらやり返す」という

意味があるんですがアニメの前半だけ見ても

そこら辺の要素が全く見られないので

これから先の展開が気になってきますね。

 

最後まで見終わった後にそうだったのか!と

秘められた仕掛けに気付いて感嘆できるのも

アニメ主題歌の楽しみ方の一つなので

是非とも本編と共に楽しんで貰いたいと思います!

 

 

コメント