東城陽奏 2度目のアニメ主題歌「Blue Bud Blue」捏造トラップ主題歌は激しいロックチューン!

アニメの方は紹介させて貰ったんですが

主題歌も作品にとてもあっていて

あわせてオススメしたいということで

書かせてもらおうと思います!

作品紹介記事はこちら

f:id:matuka1004:20171010211052p:plain

参照:http://tojoharuka.jp/

1.東城陽奏さんってどんな方?

昨年、2016年に奇異太郎少年の妖怪絵日記

エンディングでメジャーデビューされたようで

まだまだ新進気鋭の新人さんのようですね。

今回のシングルが2枚目になるんですけど

とても2枚目とは思えない仕上がりで

元々の歌声のベースがしっかりと

してるんだろうというのを感じさせてくれます。

公式ホームページ見てみたら

特技が飴の早食いと合唱という

かなり両極にありそうなものがならんでて

どんな方なのかなとそんなところも気になりました。

調べてみたら少しずつ各地のイベントに

出演されているようなので近場で

リリースイベントがある時には

一度見に行ってみたいところですね。

2.Blue Bud Blueはどんな曲?

NTR捏造トラップの主題歌なんですけど

疾走感のあるロックテイストな曲で

恋愛物の主題歌でロック?って言われそうですが

いやはやこの作品であればむしろ

ロックの方がしっくりとくると思うんですよ。

純愛で皆が幸せな結末に辿りつくストーリーなら

ポップソングやバラードで事足りると思いますけど

何と言っても恋人のいる相手から

好きな人を奪い取る!!って作品なので

これくらいの勢いのある曲じゃないと

主題歌になりえなかったんじゃないかと。

歌詞も登場キャラの水科蛍の心情をベースに

書き上げて内容のようで本編とあわせて聴くことで

より楽曲の良さが引き立つ感じになってます。

3.作詞、作曲はどんな方々?

この曲に関しては作詞と作曲を

各々別の方が担当して作られたみたいですね。

作詞をされてる仲智唯さんは小野大輔さん

神谷浩史さんの曲の作詞をされてたり

その他アニメ関係も手掛けておられるみたいですね。

作曲の野中“まさ”雄一さんは調べてみたら

ご自分で作曲された曲でいくと

つよきすアニメ版のを作られてたり

真マジンガーのエンディングアレンジとか

アニメ関係に携わられてる一方で

AKBグループ関係の楽曲の編曲

かなりの数担当されてるようで

まさに実力派アーティストさんという感じのようです。

こんなお二人が制作された楽曲ということで

イントロを聴いた時に惹きこまれた理由が

何となく分かった気がしますね。

カップリングには東城さんが作詞された

Blame the Moonって楽曲も収録されてますので

気になった方は是非聞いてみて下さい!

レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする

レクタングル広告大