刀使ノ巫女

この記事の所要時間: 337

2018冬の新番として

放送が始まったので

早速、第1話を見てみたんですが

これって原作無しのオリジナルアニメなんですね。

どこら辺が見どころになりそうか

紹介してみようと思います!

f:id:matuka1004:20180108153553j:plain

参照:http://tojinomiko.jp/

スポンサードリンク

1.美少女乱舞!

そもそもの設定で刀使(とじ)を務められるのは

女性だけということになってるのもあり

登場キャラは女の子ばかりです!

今作では荒魂といわれる物の怪のようなものが

人類の敵として登場してまして

主人公たちもストーリーの展開的には

戦うことになるんだと思いますが

1話の時点では

荒魂と戦うメンバーを選抜している

という感じでしたね。

神奈川、岐阜、京都、奈良、岡山

刀使を育てるための学校があるようで

そこでの選抜試合に勝った面々が

鎌倉に集まって試合をするところが

1話の見どころになってました。

女の子同士が刀を振るって戦うというと

2クール前の2017年夏に放送してた

マキャベリズムがそんな感じでしたね。

しかしまあ、見て貰ったら

えっ!?ってなると思うんですけど

スムーズに荒魂と戦うって流れになるのかどうか

1話から不穏すぎる流れでしたね。。。

ここまでシリアスな部分をメインで書いてきたんですが

その合間に主人公と同級生がイチャイチャしてたり

結構ほんわかとできる部分もあって

キャラクターたちの中からお気に入りを見つけられたら

見るのが楽しくなりそうかなと。

スポンサードリンク

2.1月~6月までの2クール放送

ここ最近は前クールのJust Because!のように

オリジナル作品も増えてはきてるものの

今作はオリジナルな上に2クール放送

一段とチャレンジしてる感じですね。

原作がある作品はどうしても原作ファンの

好みの問題もあって脚本家の腕次第で

良くも悪くもなってしまうんですけど

オリジナルだとそれはそれで

どう転がるか読めないのが楽しみでもあり怖いところでしょうか。

設定を一通り見た感じだと

かなり練ってあるようなので

設定の使い方を失敗しなければ

面白くなる作品だとは思うんですよね。

後は1話の時点で全体的な動きが

アクション物作品にしては

どうももっさりとしてる感じだったので

そこがこれから先改善されるのか

果てまて途中で息切れして悪化してしまうのか

不安であり、楽しみでもある部分なのかなと。

何はともあれ昨今原作が枯渇しかかってるという

話題が聴かれるようになったので

オリジナルの先駆けという立ち位置

どんなストーリーを見せてくれるのかが

見どころの1つじゃないですかね。

スポンサードリンク

3.クロスメディア展開

アニメ化とほぼ同時で

少年エースに漫画も連載されてまして

そちらは一足お先にアニメと同じ内容を

コミカライズしているようです。

そちらは昨年の12月26日に

コミック1巻が発売されてまして

今のところは内容一緒のようですが

もしかしてこれから

ストーリーが分岐したりするのかな

とか気になるところですね。

漫画化もしてるんですけど

スマホゲームもリリース予定になってまして

そちらはまだ詳細は明かされてませんが

既に事前登録は始まってるようです。

アニメだけでなく幅広く展開してるので

そちらも合わせて見てみると

より作品を楽しんで貰えるかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大