伊藤潤二コレクション

今期のホラーアニメ枠ですね。

タイトルに作者の名前が入ってる

珍しい作品だと思うんですけど

伊藤潤二さんってどんな方か

自分のようにピンとこない方も

おられると思うので見所と共に

紹介させてもらおうと思います!

 
f:id:matuka1004:20180107185904j:image

参照:http://itojunji-anime.com/

 

スポンサードリンク

1.伊藤潤二さんってどんな方?

調べてみたら1986年にホラー漫画雑誌の

ハロウィン楳図かずおが設立されたのを聴き

応募したところ入選したのがきっかけで

漫画家としてデビューされて現在まで

描き続けてこられてる大御所さんなんですね。

 

これまで書いてこられた漫画は

ホラーだけじゃなくご自身で飼ってた猫のことを

描いた猫日記であったり、現在では

太宰治人間失格をコミカライズされたりも

していて幅広く書かれてるんですね。

 

伊藤潤二さんの作品はこれまでにも

OVAとしてアニメ化されたり

実写の映画、ドラマとしても映像化されてるようで

そんな中で今回はアニメとしての映像化ということなんですね。

 

スポンサードリンク

2.原作をそのまま映像化

昨今はアニメ化にあわせてよくも悪くも

現在の生活環境だったり服装なんかを

改変している作品も多いんですけど 

今回の伊藤潤二コレクションに関しては

原作に描かれてる昭和の頃の時代観のままで

映像化されているので味がある

絵に仕上がってると思います。

 

より怖さが増すように背景であったり

人物の描き方の作画にもかなりこだわったようで

1話の最初から最後まで質の良い怖さを堪能

してもらうことができると思います。

 

原作の持つホラーテイストをそのまま

アニメ化してあるということで

原作ファンの方にも納得の

仕上がりではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

3.音楽も作品の一部

元々の原作が漫画ということで

音楽によって怖さが増減する面があると思うんですが

こちらの作品に関してはよりおどろおどろしく

感じられるような音楽のつけかただと感じました。

 

劇中のBGMもその場面場面にあわせて

これ以上にハマる曲はないだろうと感じる

曲がそれぞれ添えてありまして

良い具合に怖さが増してると思います。

 

オープニング、エンディングに関しても

オープニングはこれから恐怖の物語が始まるよという

雰囲気をふんだんに含んだ楽曲だし

エンディングはストーリーの余韻を感じさせるような

楽曲を器用してありまして

まさに楽曲も作品の一部だと感じる

制作の仕方をされていると感じました。

 

ホラー作品大好きって方にはもちろん

ちょっと変わった作品が見てみたいという方にも

オススメな1本ではないでしょうか!

レクタングル広告大

スポンサードリンク

レクタングル広告大

スポンサードリンク

フォローする

レクタングル広告大

スポンサードリンク