pet アニメED「image____ 」歌ってる眩暈SIRENって?

2020冬アニメ主題歌

2019冬アニメの1本である。

petのED曲なんですけど

ここ最近、アニメ主題歌でよく見かける

眩暈SIRENが担当されてます。

 

まだ紹介したことがなかったので

どんなバンドなのか?曲の聴きどころと共に

紹介していきたいと思います!

 

pet紹介記事はこちら

 

 

引用:© 眩暈SIREN. All Rights Reserved.

 

スポンサーリンク

1.顔出ししてない意外な理由

2012年に結成されてから早いもので

活動歴8年目になるバンドなんですよね。

 

メンバーは

京寺さん     ボーカル

オオサワレイさん ギター

森田康介さん   ベース

ウルさん     ピアノ・ボーカル

NARAさん    ドラムス

以上の5名で活動されてます。

 

2014年にインディーズデビューされ

その時からミニアルバム4枚にアルバム1枚

シングル2枚とかなりの枚数のCDをリリースしつつ

ワンマンライブ、イベントへの参加と

広範囲に渡って、多彩な活動をしてこられてるんですよね。

 

昨年、2019年にソニーミュージックから

満を持してメジャーデビューされたんですが

その時の第1弾シングルがからくりサーカスのEDで

鮮烈な楽曲を発表されていました。

 

そんな眩暈SIRENなんですけど

プロモーションで顔出ししてなくて

バンドのブランディング的な狙いがあるのかと思いきや。。。

 

過去のインタビューによると

単純に恥ずかしいという話で

何だか親近感を覚える部分でした。

 

まだまだ、今回のpet主題歌で

第3弾シングルということなんですが

今後の活動が気になりますバンドの1つですね!

 

2.この曲の作詞、作曲は?

今回の曲はどなたが作詞、作曲されてるのか

気になったので調べてみることに!

 

作詞 京寺さん

作曲 ウルさん・眩暈SIREN

 

眩暈SIRENの場合は作詞をボーカルの京寺さん

作曲はピアノ・ボーカルのウルさんを中心に

メンバー全員で製作されてるんですよね。

 

歌詞ってボーカルの方が歌声として届ける部分なので

やはり、本人が考え綴った詞だと

より深く心に刺さってくるような気がします。

 

作曲の大筋を担当されてるウルさんは

メジャーデビュー以降に発表された曲の

大半で中心となって曲作りをされてます。

 

眩暈SIRENの楽曲って繊細なピアノの音色と

激しいバンドサウンドが喧嘩せずに

良いバランスで同居してるのもあって

聴いててとても気持ちいいんですけど

そんな音の重要な要素の1つである

ピアノの担当だからこその曲作りをされてる

そんな印象を受けましたね。

 

3.image___はどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

今回の曲ってこれまでの眩暈SIRENの曲と

聴き比べてみるとどうも感じが違う

そんな違和感を覚えてたんですけど。。。

 

よくよく調べてみたらpetのOPを歌う

TK from 凛として時雨が編曲を担当されたそうで

これまでバンド単体で製作されてた時の曲とは

一風変わった雰囲気をまとってたのも納得でした。

 

OP,ED共に同じ方が楽曲に関わってるおかげか

1つのアニメの主題歌として綺麗にまとまってて

こういう主題歌の作り方もありなんだなと発見でしたね。

 

petって作品はややこしい物語で

主題歌として表現しようとすると

難しい部類のアニメだと思うんですけど

こうきたか!!と思う面白いアプローチ

表現してこられてて驚いた部分がありました。

 

歌詞の後半の方に無茶苦茶長い

独白するようなセリフパートが

挿入されてるわけなんですけど

普通のバンドであれば、リズム感も失われるし

この作り方はしないだろうなという構成で

何度聞いても耳が向いちゃうんですよね。

 

この独白パートが面白い作りになってて

話し手の気持ちの変化に合わせて

バックミュージックがどんどん変わって

ロックを聴いてたはずなのに気づけば朗読劇を聴いてた

というくらいのギャップに度肝を抜かれると思います。

 

毎回、リリースする曲ごとに違った側面の見える

面白いバンドとなってますので今後の活動も

益々、目が離せなくなりそうですね!

 

コメント