ギヴン アニメ ED「まるつけ」ギヴンってどんなバンド?

2019夏アニメ主題歌

2019夏アニメの中でも

丁寧に描かれた人間描写で

じっくりと楽しませて貰った

そんなアニメの1本ですね。

 

主題歌は劇中で主人公達が組んでいる

バンドであるギヴンが担当なんですが

どういったバンドなのか?

曲の聴きどころと共に

紹介してみようと思います!

 

作品紹介記事はこちら

 

 

引用:キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

 

1.劇中で結成された4ピースバンド

ギヴンはアニメのメインビジュアルで

主人公がギターを手に歌ってる姿に

代表されるようにバンド物作品となってまして

劇中で結成されたバンドの名前が

作品タイトルそのままにギヴンなんですよね。

 

 

佐藤 真冬(ボーカル・ギター) 矢野奨吾さん

上ノ山 立夏(ギター)     内田雄馬さん

中山 春樹(ベース)      中澤まさともさん

梶 秋彦(ドラム)       江口拓也さん

 

以上、4名で構成されてまして

ギター・ベース・ドラム

楽器的にはスタンダードなバンドです。

 

TVアニメ本編ではギヴンが結成されて

初ライブがかなり盛り上がるところまで

描かれてるんですけど、その続きは

2020年公開の劇場版ということで

最終回後の発表時には盛り上がってましたね!

 

ボーカルはキャラクターの声優さんが

そのまま担当されているということで

矢野奨吾さんが歌われてるんですけど

まだ紹介したことなかったのでご紹介を!

 

矢野奨吾さん

2012年頃に舞台活動からスタート

活動歴を重ねるごとにドラマ出演

そして、アニメの声優と活動領域が

広がっていってるんですね。

 

これまで出演されたアニメとしては

遊戯王アークファイブ

アイドルマスター SideM

ツルネ -風舞高校弓道部-

モブサイコ100 II

など子供向けアニメから

深夜アニメまで幅広く!

 

矢野奨吾さんの出演アニメが気になる方はこちらもどうぞ

 

 

 

歌の活動に関しては

2016年頃からアイマス関連を始め

ひらがな男子スタレボ

ゲーム楽曲が多かったようで

アニメに関してはアイマスの

ユニット歌唱はあったものの

ソロで歌うのは今回が初めてとなります!

 

2.この曲の作詞・作曲は?

今回の曲はどなたが作詞、作曲されてるのか

気になったので調べてみることに!

 

作詞、作曲共に温詞さんが担当されてます。

OP曲も担当されてるセンチミリメンタル

主催されてる方なんですね。

 

今回はOP,EDに挿入歌と一手に

作品の楽曲を手掛けられてるんですけど

 

OPは転調が印象的な曲

EDはゆったりめのスタンダードなロック

挿入歌は感情の高ぶるような曲

 

と全く違う3つの曲に仕上がってて

今回がデビューとは思えない

奥深さを感じさせてくれますね。

 

2015年に開催されたイナズマゲートって

イナズマロックフェスの時に開催される

オーディションでグランプリを獲得され

満を持してこの度デビューということで

今後の活躍も楽しみなところです!

 

3.まるつけはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

この曲って書き下ろしじゃないんですね。

 

どうやら元々ご自身の制作した曲の

1曲として完成されてたようなんですが

今回のギヴンという作品と照らし合わせた時に

これ以上ないくらいピッタリとハマって

この曲に決まったということでした。

 

元々、リリースされてた曲が

主題歌として起用されたりするのは

ここ最近見かけるようになったものの

こういうケースもあるんだなと新鮮でしたね。

 

そんなセンチミリメンタルの曲として

存在していた楽曲を真冬役の矢野奨吾さん

歌われてるわけなんですけど

聴けば聴くほどギヴンって作品のために

作ったわけじゃないのが不思議に感じるくらい

作品のことを雄弁に語ってくれる曲だと思います。

 

男性同士の恋愛ってなかなか

一筋縄ではいかない人間関係を描いている

ギヴンでの主人公達の様子と

綴られた歌詞がしっくりとハマって

グッと心に突き刺さってくるんですよね。

 

この曲ってボーカルと詞を最大限に

映えさせるために試行錯誤して

今のアレンジになったということで

作品と詞の世界観のリンクに加えて

練りこまれた曲も手伝って最高に

魅力的な1曲に仕上がってます。

 

今のところ劇場版の主題歌は

決まってないようなんですけど

この方以上にギヴンって作品を

表現できる方もいないと思うので

是非とも担当して貰いたいですね!

 

コメント