群青のマグメル アニメ ED「The key」a flood of circleってどんなバンド?

ふと気が付くと主題歌を担当してる

そんなイメージのa flood of circleなんですが

まだ紹介したことなかったんですよね。

今回はジャンプ連載作品である

群青のマグメルのED曲なんですが

どんな曲なのかをバンド紹介と共に

書いていきたいと思います!

作品紹介記事はこちら

参照:http://www.afloodofcircle.com/discography/

1.a flood of circleってどんなバンド?

2006年結成ということで

既に13年近く活動されてるんですね。

その間にメンバー入替が幾度も

あったようなんですけど

現在は4名体制になってて

佐々木亮介さん ボーカル・ギター

渡邊一丘さん ドラムス

HISAYOさん ベース

アオキテツさん ギター

以上、4名で活動されてます。

2009年にメジャーデビューされて

翌年にはエアギアのOVA ED

3作に渡り担当したりと

デビュー当初からアニメ主題歌に

縁があったようですね。

自分が初めてこちらのバンド曲を

耳にしたのは2014年放送の

団地ともおのEDテーマだったんですが

NHKの子供向けアニメにしては

随分と染みてくる良い曲でとても印象的でした。

今回の群青のマグメルもそうなんですが

バンドと曲の性質的にEDが

ピッタリとハマる曲が多いのかと思いきや

OPでもいけるじゃん!って

激しめの曲なんかもあるので気になる方は

YouTubeチャンネル覗いてみて下さい!

公式YouTubeチャンネルはこちら

実はバンドとしてではないんですが

2018年4月にはボーカルの佐々木さんが

ベイブレード超ゼツのOPボーカルを務められてて

そんな形でも歌ってるのか!と驚きましたね。

a flood of circleを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

2.この曲の作詞・作曲は?

今回の曲はどなたが作詞、作曲されてるのか

気になったので調べてみることに!

ボーカル・ギターの佐々木亮介さんが

作詞も作曲も手掛けられてるんですね。

そこまで網羅的に聴けてるわけでないので

これまで聴いてきた曲から感じたところだと

やはり、ご自身の弾かれてる楽器が

ギターということもあってかどの曲も

ギターの存在感が一際目立ってる印象です。

と思って前回、耳にしたアカネを聴き返したら

そちらの曲って弾き語りみたいになってて

ほぼギターしか聴こえないんで

そんな印象になってたみたいですね。

KIDS/アカネ (初回限定盤)

KIDS/アカネ (初回限定盤)

a flood of circle
200円(07/16 09:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

そちらの曲と聴き比べると

ベースもドラムもどの音もしっかり聴こえる

バンドサウンドらしい曲に仕上がってて

軽快なんで聴いてて気持ちいいですね!

3.The keyはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

英語詞のパートが物凄く印象に残りますね。

何度も何度もhello New worldって

繰り返してる部分が何ヵ所かあるんですが

佐々木さんの発音が自然で流れるように

歌われてて疾走感を作り出してるなと。

今回、バンドのこと調べてたら

ボーカルの佐々木さんは幼少期

海外に住んでた経験があるので

そこら辺が言語のベースを

形作ってるんでしょうね。

日本語詞の部分も言い切る形を

多用してるからか説得力があるというか

ストレートに響いてくるような

感覚を覚えて、何だか面白いなと感じました。

歌詞を耳で聴いただけだと

群青のマグメル本編の主人公たちの

旅をする心持ちとかそこら辺を

描いたように聴こえるかもしれないんですが。。。

2番の最後までしっかりと聴いてみたら

音楽をやることに対する想いというか

活動への想いも合わせて綴ってあって

何とも深い内容になってるんですよね。

群青のマグメル主題歌でありつつ

ある意味a flood of circleって

バンドを端的に紹介した曲のようでもあり

不思議な魅力を持った曲だと感じました!

【Amazon.co.jp限定】The Key 【缶バッチ】

【Amazon.co.jp限定】The Key 【缶バッチ】

a flood of circle
1,404円(07/16 18:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする

レクタングル広告大