KNOCK on the CORE/Ash like Snow (K)NoW_NAME発のフェアリーゴーン主題歌!

既に2期の放送も決定して

1期も佳境に突入してる

そんな2019春アニメの1本なんですが

作中で使用されてる音楽は

主題歌に限らず劇伴についても全て

(K)NoW_NAMEが一手に手掛けてきてますね。

これまでも灰と幻想のグリムガル

サクラクエストと作品音楽を

制作してきてるユニットなんですが

どんなユニットなのか?

曲の聴きどころと共に紹介してみようと思います!

作品紹介記事はこちら

参照:http://knowname.jp/discography/fairygone

1.アニメ音楽専門のクリエイティブユニット

結成は2016年に灰と幻想のグリムガルが

放送されることになった時だったんですね。

起案者はTOHO Animation RECORDS

1つのユニットであらゆるジャンルの

作品に寄り添った音楽を作りたいという

想いの基に結成されたという経緯があります。

結成の時からずっとその音楽には

触れさせて貰ってるんですが

10名もの大所帯というのもあって

担当してきた作品ごとで全く違った

制作の仕方をされてて表情豊かなユニットですよね。

10名のメンバーは

ボーカル

Ayaka Tachibanaさん

NIKIIEさん

AIJさん

クリエイター

R・O・Nさん

Makoto Miyazakiさん

Shuhei Mutsukiさん

Kohei by SIMONSAYZさん

eNuさん

Genki Mizunoさん

イラストレーター
so-binさん

とイラストレーターまで擁してて

音楽だけと言わず幅広く活動できそうな

素地が出来上がってる感じです。

他のクリエイターユニットが気になる方はこちらもどうぞ

個人的にこちらのユニットの

音楽が結成当時から好きな理由があって

クリエイターのところに名を連ねてる

R・O・Nさんなんですよね。

(K)NoW_NAME参加以前から

アニメ関連楽曲を数多く手掛けてこられてて

その時から作曲家買いするくらい

音楽性に惚れてるという部分もあり

結成当初からずっと聴かせて貰ってます。

R・O・Nさんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

お一人ピックアップして紹介させて貰いましたが

他の方々も数多くのアニメ作品楽曲を

制作してこられた実力確かな面々が揃ってるので

アニメ音楽専門のクリエイティブユニットとしては

今のところ唯一無二の存在じゃないでしょうか。

(K)NoW_NAMEを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

2.KNOCK on the COREはどんな曲?

まずはOP曲としてハードなロックサウンドが

特徴的なこちらの曲から紹介を!

作詞はAIJさんが担当されてます。

どんな方か簡単に紹介させて貰います。

調べてみたらとんでもない方でした!

幼少期から音楽に慣れ親しんだ家族に囲まれ

ハワイで過ごされてたようです。

そちらで身に付いた英語を活かして

英語教育活動の傍ら

華原朋美さんのバックコーラス

AAAに英語詞を提供など

幅広く音楽活動に取り組まれてます。

現在は音楽に限らず、映像、ナレーションなど

幅広くコンテンツプロデュースするための

会社を設立してそちらの社長も務められてるそうで

これまで紹介してきたクリエイターの中でも

あまり見かけなかったタイプじゃないかと。

作詞に止まらずボーカリストとして

ラップを担当されたり

(K)Now_NAMEの中でも

圧倒的な存在感を放っていて

知れば知るほど魅力的な部分が

次々と見えてくる方だと感じました!

AIJさんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

作曲はMakoto Miyazakiさんですね。

(K)Now_NAMEではこちらの名義なんですが

宮崎誠名義でアイマスシリーズ楽曲や

ちゅーぶら!!、Re:ゼロから始める異世界生活の主題歌など

多くのアニメ作品の楽曲を制作されてます。

そこら辺の作品名を眺めても

ポップなロックから今回の曲のような

ハードめな楽曲まで(K)Now_NAMEでも

灰と幻想のグリムガルから様々な種類の曲を

発表してこられてますね。

Makoto Miyazakiさんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

こちらの曲のメインボーカルは

Ayaka Tachibanaさんですね。

(K)Now_NAMEに参加する以前

2010年からシンガーソングライターとして

歌の活動を続けてこられてたようで

2016年、(K)Now_NAMEに参加してからは

各作品の主題歌、挿入歌でボーカルを務めてこられてます。

Ayaka Tachibanaさんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

そんなお三方により奏でられる

KNOCK on the COREなんですけど

まずは一言「めっちゃカッコいい」んですよね!!

Ayaka Tachibanaさんの力強く

伸びやかなボーカルに耳を澄ましてたら

そこにAIJさんのキレッキレのラップと

ズンと響くコーラスがカットインして

絶妙に盛り立ててる感じで

歌声だけでも十分に1つの曲として成り立ってる

と言っていい凄いボーカルだと思います。

そこにMakoto Miyazakiさんの

作曲された曲が合わさってるんですが

フェアリーゴーンっていくつもの

国、種族、勢力を巡る壮大な物語を感じさせる

壮大さと剛胆さを兼ね備えた楽曲になってて

これまた曲単体でインストとして

聴いてみたくなる出来だと感じました。

そうそう、歌詞に関しては

英語詞のエキスパートである

AIJさんが手掛けてるのもあって

ほぼ全英語詞になってるという

周りを見回してもこんな芸当ができるのは

(K)Now_NAMEくらいだと思います。

ここ最近は海外を股にかけて活動されてる方が

アニメ主題歌を手掛ける機会も増えてるものの

まだまだ、日本だけで活動されてる方が大半なので

英語詞の曲が発表できるというのは

かなりの強みになるんじゃないでしょうか。

そんな詞・曲・歌声と曲に必要な

3要素が高次元で融合してるおかげもあって

妖精の存在するって現実味のない世界を

垣間見ることが出来るような

アニメ主題歌に仕上がってますね。

3.Ash like Snowはどんな曲?

続きましてED曲として

寂しげなメロディが特徴的な

こちらの曲の紹介を!

作詞はeNuさんが担当されてます。

(K)Now_NAME結成時にリリースされた

灰と幻想のグリムガルOP「Knew day」から

主題歌作詞を手掛け続けてきてて

今回はED曲を書かれてますね。

(K)Now_NAME以外の部分でも

かなりの数のアニメ曲を手掛けてこられてて

刀剣乱舞花丸、ブレイブウィッチーズ

銃皇無尽のファフニールなど

キャラソンも多く作詞してこられてます。

eNuさんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

作曲はOPも制作されてる

Makoto Miyazakiさんが手掛けられてて

楽曲の温度差に同じ方が作ったの!?

ギャップを感じて驚くこと

請け合いじゃないでしょうか。

ボーカルは(K)Now_NAME

もう1人の歌姫であるnikkieさんです!

Ayaka Tachibanaさんに対して

nikkieさんは繊細で優しい歌声

だと感じるんですよね。

これまで歌って来られた曲も

ED、挿入歌と柔らかい曲を

歌い上げてこられてました!

ただ、そんな温かみのある雰囲気の中に

一本ピンと筋が通ってるような

力強さも感じられて繊細なだけじゃない

多彩な魅力を感じる歌声ですね。

nikkieさんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

そんな面々が集って制作した1曲なんですが

曲名の「Ash like Snow」が指し示すような

澄んだピアノの音色が耳に残る1曲だと感じました。

柔らかく包み込むようなピアノのメロディと

nikkieさんの繊細かつ力強い歌声が

お互いを引き立てるような響き方をしてて

ずっと聴いてたくなる心地よさがあります。

eNuさんの書かれた詞がこれまた

童話の一説のようなストーリーを含んでて

個人的には読んでも面白い歌詞なので

かなり好みな作りなんですよね!

曲に関しては制作者紹介の部分でOPと

ギャップがと書かせて貰ったんですが

ボーカルと同様で曲もただ柔らかく

切ないだけに止まらず秘めた強さを

感じるようなパートも織り交ぜてあって

何十にも仕掛けが施してあるという。

何度も聴くうちに新しい魅力を発見できるので

是非、繰り返し聞き返して貰いたい

そんな1曲じゃないかと思います。

既に2期が秋に放送される

発表されてるので主題歌第2弾は

どんな曲がリリースされるのか

今から3ヵ月後が楽しみですね!

レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする

レクタングル広告大