I AM STANDING

この記事の所要時間: 344

3月のライオンの第2クールエンディング曲ですね。

歌ってるRUANNさんって

初めて名前をお見かけしたんで

どんな方なのか曲と共に

紹介してみようと思います!

参照:https://twitter.com/ruan_ohyama?lang=ja

スポンサードリンク

1.RUANNさんってどんな方?

今回調べてみたら驚きましたね。

歌ってる声を聴いた感じが

とても大人びていたので

20歳超えてるのかなと

何となく思ってたら

まさか14歳だったとは!!

自分の14歳の頃って何してたよ?って

思い返してみたら本当に平々凡々な

中学生だった覚えしかないので

この年でこうやって海外も股にかけて

音楽活動してるって素直に凄いですよね。

年齢は若いんですけど

既に国内外問わずストリートライブをされてたり

何よりその凄さを感じたのが

ONEOKROCKのTakaが絶賛してるそうで

ライブにも招待されてそのステージに立ち

20000人の観客を前に

ワンオクの曲のカバーに加えて

自分の持ち歌まで披露されたようですね。

2015年頃からの活動なので

今年で3年目になるようなんですが

とてもそうとは感じさせない

堂々たる歌いっぷりなので

次はどんな曲を聴かせてくれるのか

楽しみなアーティストの一人だと思います!

スポンサードリンク

2.この曲の作詞、作曲は?

今回の曲はどなたが作詞、作曲したんだろうと

調べてみて再び驚かされました!!

RUANNさんって力強い歌声だし

歌唱力が凄まじいというのは

今回の曲を聴いて感じたんですけど

作詞、作曲も自分でされてるんですね。

ちょうど今日なんですけど

このI AM STANDINGも収録された

シングルがリリースされたんですが

全5曲全て作詞作曲されたそうです。

試聴できる曲を視聴してみたんですけど

これまた全く違ったタイプの曲に仕上がってて

どうやったらこんなに振れ幅の広い

楽曲が制作できるのかとその人となりも

気になってきちゃいますよね!

詳しく知りたい方はこちら↓もどうぞ!

RUANN (大山琉杏)(@ruan_ohyama)さん | Twitter

RUANN – Wikipedia

スポンサードリンク

3.I AM STANDINGはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

歌詞の内容が3月のライオンの本編を

見てる人ならグッとくるような内容になってまして

しっかりと作品を踏まえた上で書いたんだろうなと。

そんな歌詞を最大限に映えさせている

曲なんですけど温かさと寂しさと力強さという

全く違った要素を同時に感じさせてくれる

何とも不思議な曲に仕上がってると感じました。

個人的には今回一番気になった

ボーカルなんですけど

一語一語を噛みしめるように歌ってる

と聴いてて感じました。

歌詞を眺めてたらじんわりと伝わってくる

何があってもとにかく一歩一歩進んでいこうという

その辺りの想いが歌に反映されてるからか

曲を聴かせて貰ってたら自分も頑張らなきゃ

そっと背中を押してもらえるような曲じゃないでしょうか。

そうそう、3月のライオンの映像を使った

この曲のMVもフルで公開されてたんで

見てみたんですけど映像編集が素晴らしい!!

この映像のために曲を作ったんじゃないかと思うくらい

完璧な出来に仕上がってて感激しました。

こちらも見て貰えたらより曲を堪能できる思うのでオススメです!

www.youtube.com

今回の曲を聴いてもらうだけでも

RUANNさんの凄さってのを感じてもらえると思うので

気になった方は是非とも聴いてみてください!

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大