Harvest moon night/水底のリズム

この記事の所要時間: 813

ハクメイとミコチのエンディング曲と

8話で使われてた挿入歌ですね。

歌ってるのは作中の主要メンバー

ミコチ役の下地紫乃さんと

コンジュ役の悠木碧さんの

お二人なわけなんですけど

どこら辺が聴きどころになりそうか

歌ってる方々と共に紹介してみようと思います!

作品紹介記事はこちら↓

参照:http://hakumiko.com/

スポンサードリンク

1.ミコチ&コンジュの紹介!

そもそも作品タイトルがハクメイとミコチなのに

歌ってるのは何故この二人なのか?

気になるところだと思うので

そこを簡単に説明しとこうと思います。

本編の第2話での話なんですが

年に1度の収穫祭の場で

歌姫を選ぶコンテストの発表があった際に

エントリーしてたコンジュだけでなく

普段から歌が上手いと評判だった

ミコチもエントリーしてないにも関わらず

投票数が多くて同時に選ばれてしまいました。。。

この歌姫に選ばれた者は

翌日の夜に祭りの参加者の前で

歌を披露しなければいけないという

決まり事がありまして紆余曲折あったものの

最終的には二人で一緒に歌うことに

その場で歌っていた曲が

エンディングにもなってる

Harvest moon nightだったんですよね。

この時のエンディングへの入りの

演出がかなり凝ってて上手いなーと

感心させられる構成の仕方だったんで

気になる方は是非本編も見てみて下さい!

さて、いきさつの説明はそんなところで

歌ってる二人のことも紹介しておかなきゃですね。

ミコチ 下地 紫乃さん

コンジュ 悠木 碧さん

以上の二人なんですが

悠木碧さんは前期も個人名義で

しょびっちオープニングを担当されてまして

その時に紹介させていただいてますので

気になる方はこちら↓の記事も読んでみて下さい!

下地紫乃さんはこれまで

紹介したことがなかったので

どんな方か紹介しておきます!

2011年に声優としてデビューされてて

個人的にこの方最近よく見かけるなと

思ったのは昨年の年始に放送されてた

セイレンの宮前先輩役でした。

ところが今回調べててこれは

気づかないとかありえないだろと思ったんですが

アイカツ!の大空あかり役を担当されてたそうで

最終回まで見てたのに大失態ですね。。。

音楽活動としては2015年から

アイカツ!、アイマス関係を始めとして

キャラソンを歌う傍らで

2016年にはステラのまほう

オープニング曲God Save The Girl

個人名義でもシングルをリリースされてます。

アニメの主題歌としてはステラのまほう

始めとして複数名で歌ってる分も含めると

今回で4作品目になるんですよね。

詳しく知りたい方はこちら↓もどうぞ!

下地 紫野 | 株式会社青二プロダクション

下地紫野 – Wikipedia

スポンサードリンク

2.Harvest moon nightはどんな曲?

ここからは各曲の紹介をしていきたいと思います!

まずはエンディング曲からですね。

作詞、作曲はクラムボンのミトさん

担当されてるようです。

初めて聴いたときにゆったりとしたメロディで

聴いてたら癒されるなぁと思ってたら

作曲されたのがミトさんと聴いて納得でした。

ちなみにクラムボンのミトさんって

どんな方って知らない方もおられると思うので

紹介させていただくと元々は

クラムボンってユニットのメンバーとして

1996年から音楽活動をされてまして

2000年前後からアニメ関係なく

様々なアーティストさんへ楽曲を提供したり

時には楽器演奏で参加したりという形で

幅広く活動をしてこられたようですね。

アニソンに関してはクラムボンとして

花咲くいろはのエンディング曲や

しろくまカフェのオープニング曲を手掛けられてる一方で

個人の楽曲提供としてアイマスアイカツ

亜人ちゃんは語りたい物語シリーズ

様々な作品で多種多様な曲を制作されてます。

ミトさんのことが詳しく知りたい方はこちら↓もどうぞ!

ミト (クラムボン) – Wikipedia

clammbon official website

肝心の曲の話なんですが

曲名にも収穫の日の月夜って

洒落た感じの名前がついてるんですが

そこに合わせたしっとりつつも

サビはちゃんと盛り上がれる楽曲に仕上げてありますね。

この曲を聴いていて感じるのは

悠木碧さんの歌唱力って群を抜いてるなってことと

それに負けずと全力で歌ってる下地さんの

ボーカルが得も言われぬハーモニーを奏でてて

結果として面白い感じに仕上がってると思いました。

曲の感じとしては収穫祭の祭りで歌われる雰囲気の

軽快なテンポながら温かい空気で包んでくれるような

全く違った性質の同居した曲に仕上がってるのかなと。

作品の持つ世界観をしっかりと踏まえた上で

そこにミトさんらしさを足したような楽曲じゃないでしょうか。

スポンサードリンク

3.水底のリズムはどんな曲?

こちらの曲もどなたが作詞、作曲されたのか

調べてみたわけなんですけど

作詞は坂井竜二さんって方でした。

初めて見かけたんでどんな方か

紹介させてもらおうと思うんですけど

元々はthe ARROWSのボーカリストとして

2006年にデビューされたそうで

その後、2014年から作詞家として

内田彩さん、村川梨衣さん、鈴木このみさんなど

アニメ関係を始め、J-POP関係にも楽曲提供されてるようです。

アニメ作品としては最近ではアイマスシンデレラ劇場

フレームアームガールズ、ガヴリールドロップアウトなどに

作詞を提供してこられてるようですね。

詳しく知りたい方はこちらもどうぞ!

作詞家 坂井竜二のオフィシャルサイト

坂井竜二 (@ryujitw) | Twitter

坂井竜二 – Wikipedia

作曲は高橋乃意さんって方で

初めて見かけたので調べてみることに。

調べてみたもののまだまだ

作曲活動を始めたばかりなのか

有力な情報をえることができず。。。

どうやら今期は学園ベビーシッターズ

エンディングのカップリングも

手掛けられてるようなので

また何かしら分かったら

更新させてもらいたいと思います。

恐らく本人さんだろうと思うんですけど

現在、情報を得られそうなリンクを

紹介だけしておきたいと思います。

髙橋乃意 (@actknoi) | Twitter

さて、肝心の曲の話なんですが

これに関しては本編を見てると

まずもってタンバリンの音に耳が向きますね(笑)

このタンバリンを使うってのが

けいおん!の唯ちゃんがカスタネットで良い!

言ってた時以来の衝撃でした。

今作のコンジュに関しては

タンバリンの音が心臓の音に近いとか

ストーリーに絡む部分で色々と理由があっての

タンバリンだったんですが

どんな理由があるにせよアニソンで

曲中にタンバリンの音色が入ってる曲って

なかなかなかったと思うので新しいなと。

この曲がストーリー的には大事な要素になってたので

歌詞の内容だったりも一度本編を見てもらうと

少し受ける印象が変わってくるかもしれませんね。

ボーカルはコンジュ役の悠木碧さんなんですけど

この方ってポップな曲から

今回の曲のようなバラードまで

その曲にあった声のトーンで

寸分の隙なく歌いこなしてて

改めて凄さを感じましたね。

ちゃんとその曲にあった

キーで歌うだけでなく

歌うパートごとの強弱のつけ方や

感情の込め方とか全ての部分において

一瞬たりとも聴き逃がせない

ボーカルだと思います。

ファンの方は勿論これまで

悠木碧さんの歌を聴いたことないって方にも

是非とも一度聴いてみて貰いたい楽曲だと思います!

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大