ぼのぼの

この記事の所要時間: 239

元々の原作は1986年に始まり
一旦終了してたものの2015年から
今年の3月まで新しい漫画を
まんがくらぶ」で連載してたんですね。

思い返せば小学生の時にクラスに
ぼのぼのが超大好きな子がいて
それがきっかけとなって
知ることになったわけなんですけど。。。

あれから20年近く経って
またテレビで見かけることに
なるとは驚きでした!

f:id:matuka1004:20171009153215j:plain
参照:http://www.bonoanime.jp

そんなわけで今回は長いこと続く
ぼのぼのの魅力を書いてみようと思います。

スポンサードリンク

1.各キャラクターが個性豊か

主人公のぼのぼのはのんびりやさんのらっこで
回りの面々に降り回されがちなんですけど
そこは動物同士のやりとりなんで
人間同士で描くより柔らかくは
なってるような気がしますね。

主要なキャラクターは
傍若無人なアライグマくん
臆病なシマリスくんと
その辺りを中心にストーリーが
展開していきます。

それ以外のキャラクターに関しても
ここまで不思議だったり
突き抜けたキャラを考えつくってのは
やはり創作されてる方というのは
発想の仕方が違うんだろうなと
感じるところですかね。

スポンサードリンク

2.辛みの聞いた短編

作者の趣向なんだと思いますが
4コマなんですけどその短いなかに
連載開始当初は驚くくらいに
毒が含まれててて絵との
ギャップが凄かったですよね。

さすがに小学生当時にそこまで
考えながら見ることはなかったですけど
改めて今回のアニメを見てたら
そこら辺は上手いこと織り込んであって
子どもが見ても楽しめて
大人もちょっと考えさせられる
そんな作品じゃないかと思います。

スポンサードリンク

3.10分なので気軽に見れる

よくよく考えながら見ると
色々と見えてくるものもあるんですが
別に何も考えずにボケーッと
眺めても動物たちの悲喜こもごもに
癒されたり、笑わしてもらったりと
楽しむことが出来る作品だと思います。

短編作品でこうやって色々な楽しみ方が出来るのは
原作がしっかりしているということは
あるのかもしれないなと書いてて思いました。

そんな具合で様々な楽しみ方が出来るので
何かアニメをちょっと見てみたいと
思った時にはオススメですかね!

ちなみに今現在は累計で79話まで
放送されてて1年半くらい続いてるんですが
ストーリーはほぼ続きものはないので
気になったら見てみて貰えたら
作品の雰囲気を知ることができると思います。

調べてみたらフジテレビオンデマンドで
これまでの放送を配信しているようですね。
初回登録でしばらくは無料みたいなので
気になる方は見てみて下さい!

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大