明日の君さえいればいい。

この記事の所要時間: 43

妹さえいればいい。のオープニング曲ですね。

本編が冒頭からぶっ飛んでたんですけど

オープニング曲は柔らかい雰囲気の

素敵な曲なので紹介していきたいと思います!

作品記事はこちら↓

f:id:matuka1004:20171109212750j:plain

参照:https://www.lantis.jp/artist/choucho/

スポンサードリンク

1.Chouchoさんってどんな方?

アニメの主題歌も定期的に歌ってるし

有名な方だとは思うんで今更な気もするんですけど

知らないって方のために簡単に紹介を。

元々はバンド活動されててそこから

ニコ動で投稿していた方なんですけど

2011年に神様のメモ帳主題歌の

カワルミライ」でアニソン歌手として

メジャーデビューしたんですよね。

自分はニコニコでは見てなかったので

メジャーデビュー以降のファンなんですけど

カワルミライ」を聴いた時の衝撃は

今でも鮮明に覚えてます。

爽やかなメロディなんですけど

その中に一本芯の通ったボーカルがのってて

この人すごいな!と思ったのが第一印象でした。

そこからはあれよあれよと言う間に

アニメ、ゲームの主題歌を次々と

歌ってて駆け上がっていった感じですね。

スポンサードリンク

2.この曲の作詞、作曲は?

聴いてると何だか初期の頃の

Chouchoさんぽいなと感じた今回の曲なんですが

誰が作詞、作曲してるんだろうと思いまして

調べてみることにしました!

作詞は松井 洋平さんという方でどんな方かと思ったら

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのメンバーとして

最近は活動されているようですね。

Chouchoさんとはアニメの未来日記の頃から

一緒に曲作りをしているようなので

かれこれ5、6年くらいでしょうか。

その合間にもプリズマ☆イリヤの主題歌などなど

リリースしてきているので経歴を見ると

自分が懐かしいと感じたのも納得でした。

一方で作曲はどなたがしてるんだろうと

そちらも気になったんですけど

yuxuki wagaさんって名前だけ見ても

正直、誰?ってなってしまったんですが

よくよく調べたらfhanaのメンバーの方なんですね。

fhanaも今ではすっかりアニソン界隈では

有名なユニットになったと思うんですけど

そちらの活動をしつつ個人でも作曲活動を

されているそうで今期はこの曲の他に

クジラの子らは砂上に歌うのエンディング曲

ハシタイロ」も作曲されてるみたいです。

これまでChouchoさんと

一緒に曲を作ったことあるかは

調べてみたものの残念ながら分からず。。。

それでも今回の曲は作詞、作曲共に

数々のアニソンを送り出してきた2人のタッグで

制作されているのもあって「妹さえいればいい。」の

オープニングとしてこれ以上ない曲だと思います!

スポンサードリンク

3.明日の君さえいればいい。はどんな曲?

肝心の曲の話なんですけど

今作は小説家さんたちの切磋琢磨する話が

メインのストーリーになるんですが

そこに焦点を当てて無我夢中で

夢を追いかける姿の素晴らしさ

小説家の視点で歌ってるそんな曲だと思いました。

日々を過ごしてると現実に追い立てられて

夢とか目標とかってどうしても忘れたり

諦めたりしてしまいがちだと思うんですけど。。。

もっと自分の望んだ未来をがむしゃらに

追い求めてみても良いんじゃないか!

そんな風に思わせてくれる前向きで

パワーを貰える楽曲じゃないかと思います。

この曲に限らずChouchoさんの楽曲は

全体的に聴いた後は頑張ろうって

前向きな気持ちにさせてくれる

そんな楽曲が多いのでこれから何かを頑張ろうって

考えてる方にはいい具合に背中を押して

貰えると思うのでオススメです!

明日の君さえいればいい。ダウンロードはこちらからどうぞ

レクタングル広告大

スポンサードリンク

レクタングル広告大

スポンサードリンク

シェアする

フォローする

レクタングル広告大

スポンサードリンク