URAHARA

この記事の所要時間: 335

そういえば書いてなかったんですが

これまた異質な空気を醸してる作品なので

紹介しておかなきゃいけないなというところで

書いていってみようと思います!

f:id:matuka1004:20171110221740j:plain

参照:https://urahara.party/

スポンサードリンク

1.クランチロールのイラストノベル原作

そもそもクランチロールってなんぞ?って

思う方ばかりだと思うですけど

と言いますか書いてる自分も初めて見たので

どんな会社?なのか調べてみました。

結構歴史のある会社のようで2006年に

アメリカで元々のサイトは立ち上げられたようですね。

当初は動画投稿サイトだったみたいなんですけど

どうも、日本のアニメが無許可でアップされるという

未だにそこら中で見かけるようなサイトだったみたいです。

そこから日本動画協会に所属

違法動画を削除するなど体制を整えて

テレビ東京などと提携して

公式に有料会員を募って

海外向けにアニメ配信を開始と

そんな感じの会社のようですね。

最近だとけものフレンズ政宗君のリベンジとか

結構話題になってた作品にも製作委員会で

参加してたそうでそうだったのか!と。

ちなみにイラストノベルってのも初めて見かけたんで

あわせて調べてみたんですけど

絵がメインにあってそこに文字が挿入されてる

タイプのノベル形式のことのようですね。

最近では結構メジャーになりつつあるようなんですが

今回、初めて知ったのでいい勉強になりました。

スポンサードリンク

2.色づかいが新鮮!

イメージ画を見て貰ったら

一発で分かると思うんですけど

パステルカラーを多用してありまして

日本のアニメにはあまりないタイプの

絵ではないかと思います。

実際にアニメ本編で動いているのを見ても

これまであまり見たことのない感じで

凄く新鮮な体験をさせて貰ってます。

原作がパトリックマシアスさんという

アメリカの方ってのもあると思うんですが

設定とかその辺りもマーベルとか

あちらのノリに近い部分がある気がしますね。

スポンサードリンク

3.ストーリーは分かりやすい

元々の原作から全く変わってないようで

大筋の流れとしては他文明を吸収することで

自分たちの文明を進化させるスクーパーズって宇宙人が

ある日突然地球にやってくるところからスタート。

そのスクーパーズから原宿のファッション、スイーツなど

自分たちの作り出したものを守ろうと

特殊能力を得て立ち上がった主人公の

女の子たちが戦っていくという話です。

こうやって書いてて宇宙人と取り合うものが

文化的な産物というところがこれまでなかった部分ですよね。

1話を見た感じではグロい感じの描写もないし

ふんわりとした感じで進んでいくのかなというところでしたが

まだまだ先が読めませんね。

アメリカのコミックとか作品が好きな方だと

すんなりと見られるんじゃないかと思いますので

良かったら見てみて貰えたら!

テレビ放送は終わってしまってますが

配信に関してはアニメ放題U-NEXT辺りであれば

同時期に放送された作品も一緒に楽しめるので

オススメだと思います。

各配信サイトを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

配信公式サイトはこちらからどうぞ

アニメ公式サイトはこちら↓

レクタングル広告大

スポンサードリンク

レクタングル広告大

スポンサードリンク

フォローする

レクタングル広告大

スポンサードリンク