BEATLESS

2018冬アニメの新番ですね。

これから先の未来にほんとに起こりそうな

題材を扱ってて1話から

細かいとこまでしっかり作り込んであるなと

興味深く見させてもらいました。

どこら辺が見所になりそうか

紹介してみようと思います!

f:id:matuka1004:20180127113910j:plain

参照:http://beatless-anime.jp/

スポンサードリンク

1.原作は小説

1話の様々な部分の描き方から

元々の原作の設定がかなり練り込んで

あるんだろうと思ってたんですけど

調べてみたら小説が原作なんですね。

New Typeに連載してたようなんですけど

New Typeといえば過去にもファイブスター物語だったり

良質なSF物を掲載してきてるので

この作品の出来の良さも納得でした。

雑誌掲載終了してから

単行本にもなったそうで

当時も相当反響があったんでしょうね。

自分は小説未読で見始めたんですけど

1話から丁寧に説明も挟んであるので

今まで触れたことないよって方でも

気にせず見てもらえると思います!

スポンサードリンク

2.舞台は22世紀

今から80年くらい先の話なんですが

このまま技術が発展していったら

きっとこんな感じになってるんだろうなと

どこか現実味がある世界観でした。

どこら辺でそう感じたかといえば

周りを歩いている一見人間と区別がつかない

ヒューマノイドが何の問題もなく

共に生活していてコミュニケーションも

違和感なくとってるんですよね。

その点以外にも夜遅くに

スーパーへ買い物に行くシーンが

あったんですけど店に人がいないんですよ。

レジの会計も品物の受け渡しも

完全に自動化されててすごいなと。

今現在もセルフレジはあるものの

セキュリティ面や技術面でまだまだ

人がサポート係としてついてないと

成り立たない部分があるんですよね。

東南アジアでは一歩先駆けて

店内に入るところから会計まで

完全に自動化されたお店が既に稼働してるので

日本もその気になればできると思うんですけど。

と話が脇道にそれましたけど

そういったワクワクするような

先進技術満載の世界観が堪能できるので

人間とロボットのこれからの関係性を

考えたりできるところもあるのかなと。

スポンサードリンク

3.主題歌はこの方達!!

オープニングはGARNiDELiA

エンディングはClarisが担当されてます。

GARNiDELiAといえば

ガンダムGのレコンギスタ

クオリディアコード

魔法科高校の劣等生など

近未来が舞台になった作品の主題歌を

いくつも担当してきてるので

今回の曲も世界観を曲のなかで

描き出しててさすがの一言ですね。

ClarisGARNiDELiAと一緒に

クオリディアコードの主題歌を

担当してたことがあるんですけど

こちらは人間の心情とか

その辺りに主眼を置いて歌ってるので

良い具合に描いている部分が違っていて

聴いてて面白いんじゃないかなと。

原作連載から6年経って満を持しての

アニメ化作品なので気になる方には

是非とも見てみて欲しいですね!

公式サイトはこちら↓

レクタングル広告大

スポンサードリンク

レクタングル広告大

スポンサードリンク

フォローする

レクタングル広告大

スポンサードリンク