ノンファンタジー

僕らの恋はいつだって10センチだった

オープニング曲ですね。

歌ってるのはLIP×LIPってユニットなんですが

どんなユニットなのか曲と共に

紹介してみようと思います!

参照:http://honeyworks.jp/liplip_nonfantasy

スポンサードリンク

1.LIP×LIPってどんなユニット?

元々は告白実行委員会のアニメ

第2弾の好きになるその瞬間を。

挿入歌ロメオを歌ってたんですね。

メンバーは

勇次郎 内山昂輝さん

愛蔵 島崎信長さん

の2人組でのアイドルユニットのようです。

二人とも作品関連のユニットとして

ちゃんとキャラクターの設定もありまして

告白実行委員会の本編で舞台になってる

桜丘高校の1年生なんですね。

こちらの2人を主役にした漫画

アルバムの初回盤に付いているようで

今後主役のアニメが放送されることも

可能性としてはありそうですね。

スポンサードリンク

2.この曲の作詞、作曲は?

こうやって書くのも何度目かなーとは思いつつ

今回の楽曲もすべてHoneyWorksがプロデュースされてます。

自分のところで作詞、作曲はもちろん

ユーチューブに公式でMVまでアップしてる

という充実ぶりでほんとに

凄いクリエイター集団だと改めてかんじますね。

今回の楽曲に関してはアニメOPの映像とは別で

ちゃんと楽曲用のMVが制作されてまして

そちらは上記アルバムに付いていた

漫画の登場キャラがメインでのストーリー

描かれているようなのであわせてみてもらうと

より楽しめるかもしれません。

スポンサードリンク

3.ノンファンタジーはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

曲の感じとしては歌ってる二人が

アイドルユニットだからか

アイドルソングって雰囲気が漂ってる気がしますね。

歌詞に関しては告白実行委員会の1話から

いい感じなのになかなかその詳細が描かれてなかった

2人の恋模様を良い感じに曲の中に表現してて

本編を見てから聴くとまた曲に対する印象が違うのかなと。

ちなみに元々はアニメのオープニングとして

書いたんだとは思うんですけど面白いのが

↑にリンクを貼らせてもらってるMVを見てもらうと

これまた上手いことそちらにもハマるような歌詞になってまして

1つの楽曲で2つの別のストーリーにしっくりくる

世界観を作り上げてるって並のことじゃないよなと。

アニメはアニメでMVはMVでそれぞれ

細部まで違和感のないように作りこんでて

そんなところでも自分たちの手掛ける作品へ

情熱をかけて作っているんだろうなというのを

感じることができるんじゃないかと思いました。

次回はどの原作がアニメ化されるのか

この楽曲を聴いてたらまた楽しみになってきますね。

ノンファンタジーダウンロードはこちらからどうぞ

ノンファンタジー/必要不可欠

レクタングル広告大

スポンサードリンク

レクタングル広告大

スポンサードリンク

フォローする

レクタングル広告大

スポンサードリンク