博多豚骨ラーメンズ

2018冬アニメの新番ですね。

どこかデュラララのような

雰囲気だなと思ったんですけど

調べてたらコラボ小説なんかも

出てたりするようで世界観的には

近いものがあるのかなと。

どこら辺が見どころになりそうか

書いてみようと思います!

f:id:matuka1004:20180121165022j:plain

参照:http://hakatatonkotsu-anime.com/

スポンサードリンク

1.原作はメディアワークス文庫

このメディアワークス文庫って名前自体

初めて見かけたので調べてみたんですけど

元々、電撃文庫を読んでいた層の年齢が

上がってきたことにあわせてアスキーメディアワークス

KADOKAWAが一緒になってレーベルを立ち上げたようですね。

2014年から発刊されていて

現在8まで出てるようです。

その小説を基にした漫画もアニメに先駆けて

2016年から2017年まで1年間

連載もされてたようで満を持しての

アニメ化という感じなのかなと。

スポンサードリンク

2.どんなストーリー?

1話を見てみて驚いたんですけど

博多地区の人口の3%が殺し屋という

とんでもない設定のようで30分間で

ほんと気が付けば人が消されてるという

衝撃的な1話だったんじゃないかと思います。

そんな街で殺し屋、探偵、警察などなど

色々な人物たちが関わっていく

群像劇になっているようですね。

1話の時点では天神であったり

博多駅であったり見たことあるところが

結構出てきてて放送が終わった時には

聖地巡礼が盛り上がるんじゃないかと。

個人的には冒頭にちょこっと出てきた

飲み屋街の風景とか屋台のラーメン屋とか

その辺りに既視感を覚えまして

しっかりとロケもして作ってるのかな

気になる素晴らしい出来でしたね。

本編の内容は物騒なんですけど

実際の福岡の街は賑やかで面白い所なので

この作品も観光を盛り上げてくれる

一助になってくれたらとは思います。

スポンサードリンク

3.主題歌が熱い!!

予告の時点で聴こえてきた曲がカッコよくて

久しぶりの主題歌担当だなと楽しみに思ってたんですけど

岸田教団&THE明星ロケッツがオープニングを担当されてます!

今回のストレイって曲もバリバリのロックで

動きまくりで勢いのある本編を象徴する

主題歌に仕上がってるんじゃないでしょうか。

よくあるパターンなんですけど

1話ではエンディングの代わりに

オープニングが流れていたもので

エンディング曲は聴けてないんですが

そちらはまたリリースされた時に

じっくりと紹介させてもらえたらと思います。

デュラララにハマったことある方なら

ドストライクな作品だと思うので

気になった方は是非とも見てみてほしいですね!

レクタングル広告大

スポンサードリンク

レクタングル広告大

スポンサードリンク

フォローする

レクタングル広告大

スポンサードリンク