gdメン

この記事の所要時間: 215

2018冬アニメの新番ですね。

まさかgdgd妖精sの続編が出るとは

夢にも思ってなかったので

発表された時には驚きましたが

内容としてはメンバー変わっただけで

ほとんど変わらず安心して?見られますね。

どこら辺が見所になりそうか

書いてみようと思います!

 

 
f:id:matuka1004:20180121183102j:image

参照:http://gdmen.net/

 

スポンサードリンク

1.相変わらずのグダグダぶり

この作品はタイトルにもある通り

グダグダなのが売りになってますので

ストーリー性とかキャラクター売りとは

対極にある作品じゃないかと思います。

 

妖精sが女性3人組だったのに対して

今回は男性3人組になってるので

また新しい客層の開拓を狙ってるんですかね。

 

周りのアニメ好きと話しても

ほとんど話題に上がらないところを考えると

見る人を選ぶアニメなのかなと。。。

 

大喜利やちょっとしたコントみたいな掛け合い

色んなアニメのパロディ的なネタ

メインにはなってくるのでそういった要素が

好きって方は楽しんで見られると思います!

 

スポンサードリンク

2.3人はそれぞれ個性的!

上にも書いてるんですけど

今回は男性3人組がメイン

毎回進んでいきます。

 

その3人がこれまた良い具合に

属性がバラけてて面白いですね。

 

主人公?は思いっきり中二病気味の戦士で

いちいちRPGっぽい発言をしてて

横の2人からツッコまれるという。

 

真ん中は男の娘っぽさの漂う魔法使い?

声も山本和臣さんが担当されてるので

見た目だけじゃなく中身もとても

男の娘な感じになってますね。

 

3人目は作中で紹介されてたっけ?って

今回の記事を書いてて思うくらいでしたが

上の2人を召喚したヒューマノイドらしいです。

 

そんな個性派な3人と囚われてる

お姫様がいるんですけど

そちらのお姫様もなかなか香ばしい感じ

ぶっ飛びぶりなので是非ともそこは

自分の目で確かめて貰いたいところですね。

 

スポンサードリンク

3.キタエリが主題歌!!

オープニングの担当は喜多村英梨さんです!

そんなに激しくない感じのポップロック

作品の世界観にあってるんじゃないかなと。

 

色々と事情があったようで

なかなか歌の活動が

再開できなかったようなので

今回、こういう形でまた歌えるようになって 

ファンの1人としては嬉しい限りです。

 

このgdメンの主題歌ということで

てっきりgdgd妖精sのように

主役3人組の歌うネタソングだと

期待してたのでそういう意味では

ちょっと残念な部分ではありましたね。

 

 以上、紹介文からも残念さが漂ってて

書いた自分でも驚きましたけど

見て貰えたら面白いとは思いますので

気になる方は是非とも見てみて下さい!

 

gdmen.net

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大