ダーリン・イン・ザ・フランキス

この記事の所要時間: 411

2018冬アニメの新番ですね。

最初にイメージが画像を見て

機体デザインが何となく

輝きのタクトの機体に似てるなと

いうところが気になってたんですけど

そこも含めてどの辺りが見所になりそうか

紹介させてもらおうと思います!

f:id:matuka1004:20180128213955j:plain

参照:http://darli-fra.jp/?from=lower

スポンサードリンク

1.メカデザインはコヤマシゲト!

さて、とにかく気になってたもので

1番に調べてみたわけなんですけど

メカデザインの担当はコヤマシゲトさんが

担当されてるんですね。

これまでどんな作品に関わられたのか

調べてみたらやはり輝きのタクトのタウバーン

この方が描かれていたようで

何だかスッキリとしました(笑)

輝きのタクト以外にもキャプテンアースだったり

トップをねらえ2のメカデザインも担当されてて

言われてみればどの機体のデザインもどこか

通じるものがある気がしますね。

この方が描くメカって部分部分で丸みがあって

ロボットのはずなんですけど

どこか生物感があるというか不思議な印象

受ける気がするんですよ。

個人的には今回改めて調べてみてどの機体も

放送当時好みの機体ばかりだったんで

どんな方がデザインされたのか知れる

良いきっかけになりました。

コヤマシゲトさんが気になるって方は

良かったらこちら↓も合わせて読んでみてください!

コヤマシゲト (@Joey__Jones) | Twitter

コヤマシゲト – Wikipedia

メカデザインだけでなく監督も

キャラクターデザインも

とにもかくにも有名な方が

一堂に会して制作をされてるので

クオリティに関しては

文句なしじゃないかと思います!

スポンサードリンク

2.色々と気になる第1話

さて、肝心の本編の話なんですが

主人公はかつて神童と呼ばれてたけど

今はフランクスに乗れない状態から

ストーリーは始まります。

この世界では大地は荒廃していて

子供たちは襲いくる謎の敵である

叫竜と戦うために日夜訓練を

させられているようですね。

そんな状況なのでフランクスに乗れない

主人公は何とも居場所がないような

そんな感じだったんですけど

そこにヒロインであるゼロツーが現れるという

良くも悪くも典型的な

ボーイミーツガール展開でした。

]

後半はそれまで操れなかったはずの

フランクスにゼロツーと共に乗り込み

叫竜と戦い撃退したところで1話は幕を閉じました。

こうやって書いただけでも

・ゼロツーは何者なのか?

・叫竜は何故襲ってくるのか?

・主人公は何故ゼロツーと一緒だと

フランクスを起動できたのか?

などなど気になる点が多くて

2話が気になる感じでしたね。

これから話が進むに連れてその辺りも

明かされてくると思うので

伏線がどんな感じで回収されていくのか

1つの見所になるんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク

3.エンディングが何種類か代わる!

1話のエンディングは

女性キャラ数名で歌ってる曲

だったものでこの曲で固定かなと

思ってたんですけど

どうやら何曲か切り替わっていく

仕様のようですね。

それも最初のエンディングが収録される

CDのタイトルがエンディング集vol.1だそうなので

これから最終的には何曲リリースされるのか

そこも1つ気になるところかなと。

楽曲に関してはオープニングも

気になるところではあるんですけど

実写映画のNANA以来13年ぶり

中島美嘉&HYDEのコンビで

楽曲を制作してるみたいですね。

本人からの楽曲に対するメッセージ

作品の公式ページに掲載されていたので

気になる方はそちらも見て貰えたら

より楽曲も楽しめるかもしれません。

一流のスタッフが結集して作っている

壮大な世界観の作品だと思いますので

気になる方は是非とも見てみて欲しいですね!

公式サイトはこちら↓

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大