カードファイト!! ヴァンガードG Z

この記事の所要時間: 39

初代から何となくずっと見続けてるんですが

気が付けば今回で9期目なんですね。。。

ここまで続いてるアニメって同じカードゲームで

遊戯王くらいしか思いつかないんですけど

そちらも1シーズンごとが長いのでまだ

6シリーズ目くらいですよね。

そう考えたら9期ってすごいと感じてしまうんですけど

今回の見どころはどこになりそうか

書いていってみようと思います。

f:id:matuka1004:20171104151455j:plain

参照:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/cf-vanguard-gz/

スポンサードリンク

1.世界の命運を巡るカードゲーム

1番最初の話はこんなに壮大な話じゃなかったと

思うんですけど気が付けば世界が滅びるとか

そんなような穏やかじゃない!って話になってますね。

その世界の命運を動かすカギになってる敵も

入れ代わり立ち代わりな感じなんですけど

今回は1つ前の8期から登場した

惑星クレイからやってきたディフライダーという

一団が破壊神復活を目論んで暗躍しているようです。

それにしてもアニメ内で夢があるなと思うのは

モーションフィギュアシステムの筐体にカードを設置すると

カードに記載されたキャラが浮かび上がってくるんですよね。

どこのカードゲームアニメも

似たような感じではありますけど

やっぱり臨場感があって実現されたら

もっとカードゲームが楽しめそうだなって

個人的には思うんですけどね。

技術的には実現可能そうなんですが

やっぱりカードゲーム用で普及させようとなると

まだまだ機械1台の値段が高くなってしまうんでしょうか。

そこら辺詳しい方とか実は開発してますって方がいれば

話を聴けたら面白そうなんですけど。

スポンサードリンク

2.クランの種類がかなり多い

初代から結構な多さで

驚いた覚えがあるんですけど

シリーズを重ねれば重ねるほど

どんどんクラン(種族)の種類が増えていきまして

企画の方もよく考え付くなと感心させられます。

カードゲームってどこの勢力はどこの勢力に有利とか

そこら辺の兼ね合いを考えるとどうしても

デッキの種類が限られてしまうと思うんですけど

そこら辺のルールを上手いこと

考えてあってさすがだなと思います。

そのおかげで毎回登場する敵味方含め

新キャラに個性をつけやすいってのもあるようで

そのキャラの性格に合わせた勢力が

登場してくるのも見ていて面白い部分ではないでしょうか。

スポンサードリンク

3.バトルシーンが良く動く

何と言ってもカードゲームメインのアニメなので

ここの力の入れ具合は一味違いますね!

モーションフィギュアシステムというものを使って

カードバトルをしているのもあるんですけど

カードバトル中のシーンは本当に良く動いてます。

ドラゴン、妖精などなど色んな種族が登場するんですけど

どれも動くとまた違った良さが見えてきて

制作陣の熱意が感じられるような気がします。

9期とは書いてますけど

それぞれが1つ1つ

独立した話にはなってるので

これまで見たことない方でも

見てみてもらえたら楽しめるかと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大