TSUKIPRO THE ANIMATION

この記事の所要時間: 220

これまで今期の男性アイドル物を

紹介してきたわけですけど

この作品が最後の1つですね。

 

他作品とどんな違いがあって

どこら辺が見どころになりそうか

書いてみようと思います。

 

f:id:matuka1004:20171105192631p:plain

参照:http://tsukipro-anime.com/

 

スポンサードリンク

1.4グループが登場!

前作、ツキウタの放送の時には

Six GravityとProcellarumの2グループが

メインでストーリーが展開してたんですけど

今回は別の4グループがメインで進展していきます。

 

ちなみにその4グループは

SolidSQUELLSOARAGrowthなんですが

学生バンド、王子様系ユニット、ビジュアル系、爽やか系と

それぞれ全く違う方向性で活動してまして

序盤は各話で各ユニットの紹介をしていく

構成にしてあるみたいですね。

 

キャラクターのデザイン的には

どちらかと言えば綺麗な感じで

立ち絵を見てるだけでも書いて字のごとく

絵になるなと感じるデザインだと思います。

 

スポンサードリンク

2.ライブシーンはリアル感重視

アイドル物と言えば見どころになる

ライブシーンなわけなんですけど

この作品に関してはライブシーンは

3Dを上手いこと活用していて

違和感もそんなになくていい感じですね!

 

スムーズに動くし、ステージ上の演出も

本当のライブと遜色がないような

凝ったものになっていて見てて面白かったですね。

 

もちろん、各ユニットごとで特色のある

ステージになってまして

そこも毎回の見どころの

1つじゃないかと思います!

 

キャラクターが違和感なく舞台の上を

所狭しと歌い踊ってる姿を見ていると

ある意味アニメと3Dの融合の1つの終着点を

見せてもらったような気がします。

 

ほんと、3D技術もこの10年程で

一気に進化してるなと感心させられます。

 

スポンサードリンク

3.各キャラたちの日常の姿

アイドル物だとライブやイベントに向けて

メンバー一丸となって練習したりしている姿が

メインになりがちではあるんですけど

この作品に関しては仕事を離れたところでの

日常の素顔を多めに見ることができると思います。

 

1話でSolidSの面々に焦点を当てて

メンバーの家で料理作って食べてたり

ドライブしてみたりと色々と見れて

こういった話の作り方も良いんじゃないかと感じました。

 

2話以降では他のグループの

日常の姿も見れるんですけど

舞台以外でのキャラクターたちの姿を

見れることで違った良さも分かるし

好きなメンバーを見つけることも

出来るんじゃないでしょうか!

 

いくつも男性アイドル物があるので

どれを見たものかと悩まれてる方も

多いんじゃないかと思いますが

ライブだけでなく各メンバーの

日常も覗いてみたい!って方には

オススメできる作品じゃないかと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大