ハイスクールD×D HERO

この記事の所要時間: 334

2018春アニメの新番ですね。

前回、放送された3期から

早いもので3年も経ってたようです。

今回、初めて見かけたって方も

いるかと思いますので

どこら辺が見所になりそうか

紹介してみようと思います!

参照:http://www.haremking.tv/

スポンサードリンク

1.原作はラノベ

今回、この記事を書くまでちゃんと調べたことって

よく考えたらなかったんですけど

2008年から原作の小説は刊行されてまして

現在25巻まで出てるというのに驚きました。

平成初期の頃のラノベって

かなりの冊数続いてる作品が

いくらでもあった気がするんですけど

最近って長いこと続くラノベって

だいぶ減った気がしますね

どうやら25巻で一旦完結して

今後は真ハイスクールD×Dとして

引き続き執筆の予定みたいです。

アニメ自体はまだまだ原作でいくと

7巻~12巻の辺りを描いているようなので

今回のアニメが好評であれば

今後もアニメ化される可能性がある

というとこなんですかね。

原作小説が気になる方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク

2.ハーレム物×バトル物

気が付けば1期からずっと見てる作品の1つなんですが

数あるハーレム物の中でも群を抜いてる気がしますね。

他にもハーレム物は数あれどここまで

何回もアニメ化された作品って

なかなかないんじゃないでしょうか

どこが人気の秘訣なのかと考えてみれば

毎回、毎回テレビ放送の限界に挑戦してるとこなんですかね。

テレビ放送アニメなんですけどR15指定になってまして

そこら辺で何となくは察して貰えるのかなと。

そんなハーレム物としての側面もあるんですが

意外と見応えがあるのがバトルパートなんですよね!

主人公は神器の力で特殊能力を使って

周りの仲間も様々な力を用いて

色々な悪魔を始めとした相手と戦っていくわけなんですけど

バトルシーンの描き方がかなり力が入ってまして

今回の0話もかなり見応えがありました。

日常系のハーレム物だとよっぽどストーリーが

優れてないと途中で飽きが出てくる

部分もあるかと思うんですが

ハイスクールD×Dに関してはストーリーも

しっかりとしている上にハーレムとバトル

という気になる要素が合わさってるので

そこが長く続く人気の理由なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

3.主題歌はMinami、たぴみる

4期の主題歌はどなたが担当してるのか?と

気になったんで調べてみたんですけど

オープニングはMinamiさん

エンディングはたぴみるさん

が担当しているようです。

Minamiさんに関しては

昨年夏に放送された

ようこそ実力至上主義の教室へ

エンディング曲以来8か月ぶりに

主題歌担当になりますね。

たぴみるさんは何だか聞き覚えがあるなと

思ったんですけど確認してみたら

昨年の春にゼロから始める魔法の書

オープニング曲を担当されてまして

ちょうど1年ぶりの主題歌担当ということでした。

どちらもしばらくぶりの主題歌担当なんですが

どんな曲になっているのかというところも

1つ見所、聴き所になってるのかもしれませんね。

曲に関しては配信された時に

詳しく紹介させてもらおうと思います!

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大