ニル・アドミラリの天秤

この記事の所要時間: 314

2018春アニメの新番ですね。

オトメイトから発売された

ゲームが原作なんですけど

どこら辺が見所になりそうか

紹介させてもらおうと思います!

参照:http://nilad-anime.com/

スポンサードリンク

1.原作はPSvita用ゲーム

今期は他にもVita用ゲームが原作の作品がありまして

スマホゲーが主流になったように見える

現在でもまだまだ家庭用ゲームでも

支持されてる作品があるんだなと

一ゲーム好きとしては気になる点ですね。

2016年に第1作が発売されてから

今のところ第2作まで発売されてるようです。

ちょっと気になったのはゲームの

年齢制限のところなんですが17歳以上って

かなり絶妙なラインになってまして

結構、ギリギリな描写もあるのかなと。

アニメの方は1話を見た感じだと

確かに17歳以上にしとかないと

グロい描写かもしれないという部分もあったので

そこら辺でアニメとしてどこまでの表現を

追及しているのかというところが

1つの見所かもしれませんね。

ゲーム公式サイトはこちら↓

スポンサードリンク

2.稀モノをめぐる物語

1話から何人も被害者が出ている様子が

描かれてたわけなんですけど

この作品のストーリーの重要な要素の一つが

持ち主を不幸な目に合わせる稀モノと呼ばれる本ですね。

そもそも主人公がその本を回収する

帝国図書情報資産管理局ってところに

関わるきっかけになったのが

自分の弟が稀モノの被害にあって瀕死の状態に

なったことなんですけど

この様子がかなり衝撃的でした。

この稀モノがどういった経緯で

この世に存在することになったのかとか

帝国図書情報資産管理局って

どんな組織なのかとかそこら辺が

1つの見所になってくるのかなと。

まだまだ、はっきりと分からない

用語もいくつもあったので

集中して見てないと話が分からなく

なってくるタイプの作品かもしれませんね。

スポンサードリンク

3.主題歌はkradness、下野紘!

ゲーム版はオトメイトと言えば!

思い浮かぶAnnabelさんにSuaraさんと

女性同士の組み合わせだったんですが

アニメ版主題歌はどちらも男性ボーカルのようです。

オープニング担当のkradnessさん

元々、ニコ動で活動されてた

歌い手のようなんですけど

作詞・作曲しつつ歌ってるようで

かなり多才な方という印象ですね。

エンディングに関しては

昨年デビューシングルをリリースしてから

かなりの勢いで曲をリリースされてる

声優の下野紘さんです!!

ゲーム版には声優として

登場はしていないようなので

純粋に主題歌のみの担当なんですかね。

昨年のカブキブのオープニング以来

2度目の主題歌担当なんですけど

これまた個人的には大好きな感じの

ロックテイストな楽曲なので

フルで聴くのが楽しみな1曲なのかなと。

どちらも気になるところが多いので

また配信された時に詳しく

紹介させてもらおうと思います!

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大