ドメスティックな彼女 週刊少年マガジン連載漫画のアニメ化!制作はディオメディア!

2019冬アニメ

タイトル見てどんな作品なんだろうと

気になったわけなんですけど

イメージイラストもどこか妖艶さも

漂う不思議な雰囲気が漂ってて

ますます気になりましたね。

 

原作はどんな作品なのか

見どころ予想も交えつつ

紹介してみようと思います!

 

参照:http://domekano-anime.com/

 

1.原作は週刊少年マガジン連載漫画!

2014年から連載されているようですね。

現在、単行本は19巻まで発売されてます。

 

あらすじを見てみたんですけど

少年誌に載せるにはちょいと刺激が強めな

題材を扱った作品のようですね。

 

この夏放送されていたハッピーシュガーライフも

ガンガンJOKKERに連載されている漫画でしたが

かなり過激な内容だったので近年は

掲載作品の傾向も段々変わってきてるのかなと思ったり。

 

ハッピーシュガーライフが気になる方はこちらもどうぞ!

 

作者の流石景さんはこちらの漫画の前に

GE~グッドエンディング~って漫画を

同じくマガジンで連載してたようですが

そちらは定番な感じの恋愛物だったようで

マガジンらしいと言えばマガジンらしい

作風の漫画だったみたいです。

 

GE~グッドエンディング~が気になる方はこちらからどうぞ!

 

今回、紹介しているドメスティックな彼女

1話から試し読みできたんで読んでみたんですが

これマガジンに載ってたの!?って驚く内容でしたね。

掴みとしてはこれ以上ないと思いました。

 

アニメではそこら辺も含めて

どこまでギリギリのラインを攻めてくるのか

見所の1つかもしれませんね。

 

ドメスティックな彼女の原作が気になる方はこちらからどうぞ!

 

2.制作はディオメディア!

紹介したことあるかと思ったら

まだ紹介したことがなかったので

どんな会社か紹介しておきたいと思います!

 

2007年に設立された会社で

2008年放送の乃木坂春香の秘密から

侵略!イカ娘、 艦隊これくしょん -艦これ-

はんだくん、ガーリッシュナンバーなど

どれも個人的には印象に残る作品を

制作してこられてますね。

 

アニメ制作に関わらずグッズ販売、原画展など

幅広く活動されているようで周りの制作会社とは

一風変わった会社という感じを受けました。

 

ここ最近ではアホガール、ちおちゃんの通学路

僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件

BEATLESSと日常物が多めだったんだなと。

 

マガジン作品に関しては2017年に

風夏を制作してこられてるんですけど

そちらは人間関係とか感情の機微を

丁寧に描いててよかった覚えがあるので

今回も期待できるんじゃないかと思います!

 

これまで手掛けた作品が気になる方はこちらもどうぞ

 

 

 

3.全国放送はBS-TBS!

作品紹介でハッピーシュガーライフの

名前を挙げたんですけど

同じくBS-TBSのアニメイズム枠で

放送される予定のようですね。

 

ここ最近放送された作品を見てると

結城優奈シリーズ、魔法少女サイトなど

重たいテーマを扱った作品も徐々に

増えてきてて見応えあるチョイスに

なってきてる気がします。

 

結城優奈シリーズ、魔法少女サイトが気になる方はこちらもどうぞ!

 

 

深夜枠なんでこういう形でこれまで

取り扱ってこなかったような部類の作品を

放送してくれるというのは幅広い作品を

楽しめる機会が得られてありがたい気もしますね。

 

放送開始日が発表されました!

全国で見られるところだと

BS-TBS 1月12日(土)25時~

AT-X 1月14日(月)22時~

以上、2カ所で放送されるようです。

 

配信に関してはAmazonプライムビデオ

テレビ放送に先駆けて配信されるそうです。

 

Amazonプライムを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

 

主題歌も発表されてまして

オープニング:美波さん「カワキヲアメク」

エンディング:滝川ありささん「わがまま」

以上、2組が担当されるようですね。

 

公式ページでお二人とも簡潔に

紹介されてましたので

気になる方はこちらも合わせてどうぞ!

 

 

4.地上波のギリギリを攻めた第1話

1話を見てみたんですけど

原作を絶妙に編集してあって

内容を理解させつつ

極力刺激は少なめにという構成で

このラインなら有りなんだなと。

 

1話時点では原作通りでしたが

この後、最終回までの間の部分は

原作通りに進むのか尺の関係で

オリジナルに突き進むのか?という

ところが1つの見所かもしれないですね。

 

主題歌が作品の空気感とマッチしてて

かなり好きな感じだったので

また、リリースされたらそれぞれ

紹介させてもらおうと思います!

 

アニメ公式サイトはこちら

2019冬アニメアニメ
アニドラブログ

コメント