刻刻

この記事の所要時間: 314

2018冬アニメの新番ですね。

ここまで始まった作品って

ストーリー的にはそんなに重たくない

作品が多かったんですけど

やっとこさシリアスで重厚な世界観を

楽しみたい方向けの作品

スタートしたという感じでしょうか。

どこら辺が見どころになりそうか

書いていこうと思います!

f:id:matuka1004:20180114134856j:plain

参照:http://kokkoku-anime.com/index.html

スポンサードリンク

1.平穏な日常からの急展開

序盤はほんとに特筆するところもないくらい

主人公の平凡な日常が描かれてました

就活しつつ複雑な家庭の環境に

思い悩む主人公の姿をそのまま

日常物としてストーリー化しても

十分面白いものになりそうでしたが

さすがにそう単純にはいかなかったですね。

ちょうど物語も半分ほど進んだところで

お兄さんと甥っ子が誘拐されて

一転して緊迫した状況に。。。

そこからが更に予想もできない

急展開だったわけなんですけど

そこは1話の見所の部分なので

気になる方は是非とも見てもらいたいと思います。

日常からの突然の非日常というところは

前期に放送していたいぬやしきに近い感じの

作品かもしれませんね。

スポンサードリンク

2.超能力バトル物になるのか。。。?

ここもあまり詳しく書くとネタバレになりそうなので

書き方が難しいところではありますが

実は主人公の一族には先代から引き継がれてた

特殊な能力があったそうな。

1話では登場してる人物が

その能力の詳細を把握していないのもあって

詳しいところはさっぱり分かりませんでしたけど

最後の最後でこの能力を持ってるのは

主人公の一族だけじゃないというのが

少しだけわかる感じで終幕となりました。

それと同時にどっからどう見ても

人ではない何かが堂々とその場に浮かんでて

これって何??と1話から伏線だらけ

続きが気になって仕方ないという素晴らしい

ストーリーの構成の仕方になってましたね。

今のところは超能力バトル物になるともならないとも

イマイチ分からない部分ですけど

1話でもアクション部分は滑らかに動いてたので

そこは1つの見所になるかもしれません。

スポンサードリンク

3.楽曲がカッコいい!

オープニングが1話から流れてたんですけど

カッコいいの一言でしたね!

誰が歌ってるというか演奏してるのかなと思ったんですが

基本的にはほとんどボーカル入ってないんですよね。

スタッフロール見ながら調べてみたら

ギタリストとして世界的に活躍されてる

MIYAVIさんとRIZEのベーシストのKenKenさんが

2人で合作で作ったようです。

一風変わった感じの楽曲の作り方が

複雑な世界観とピッタリとハマってて

素晴らしい主題歌に市があってるんじゃないかと思います。

アニメだと一部しか聴けないので

早いことフルで聴いてみたい楽曲ですね!

冒頭にも書いてますがシリアスな物語が

楽しみたいって方にはオススメな作品だと思います。

気になる方は是非是非見てみてもらえたら!

レクタングル広告大

スポンサードリンク

レクタングル広告大

スポンサードリンク

フォローする

レクタングル広告大

スポンサードリンク