からかい上手の高木さん

2018冬アニメの新番ですね。

放送前から結構話題になってたなと。

先週、放送が始まって

一段と盛り上がりを見せてるようなので

どこら辺が見所になりそうか

書いてみようと思います!

f:id:matuka1004:20180116215000j:plain

参照:http://takagi3.me/

スポンサードリンク

1.高木さんが可愛い!

タイトルにも名前の入ってる

高木さんと同級生の西片君が

この作品の主役になります!

基本は西片君視点で物語は

進んでいくんですけど

これまた隣の席に座ってる

高木さんが可愛いんですよ!

見た目だけの話ではなく

ちょっとした仕草とか話し方とか

きっとスタッフや声優さんが

こだわって作った結果だと思うんですけど

作品への愛を感じますね。

絵柄も原作とほとんど変わらず

今期の他の作品もなんですが

ここ最近は以前と比べたら

原作の良さを大事にしつつ

アニメ化されてる作品が増えてきてる

そんな印象を受けますね。

スポンサードリンク

2.からかうって奥が深い

正直、からかうという言葉自体に

あまり良い印象を持ってない方も

いるんじゃないかなとは思います。

かく言う自分もこの作品を見てみるまでは

からかわれたことに良い思い出がなかったんで

まさに良い印象がなかったんですけど

いざ本編を見てみればこういう捉え方もあるのか

からかうということに対してのイメージが変わりましたね。

この作品を見てもらうと分かると思うんですが

からかうということが一種のコミュニケーションの形として

明るく描かれてて見てても嫌な気持ちにはなりにくいのかなと。

からかわれてる西片君も何とか高木さんをからかって

一泡吹かせてやりたいと対抗心を燃やしてる感じで

その姿は味方によっては微笑ましさも感じるくらいでした。

多分、一方的にどちらかがやられっぱなしだと

もやもやしてしまう部分も出てくると思うんですが

上手くいくにしてもいかないにしてもからかわれてる側も

相手をからかうという方法で対抗できないかと模索する

というある意味お互い様な状況が

独特の世界観を作り上げてるのかなと思いました。

ちなみにからかうと一言で言ってもその方法は様々で

1話を見ただけでもいくつもパターンがあって

作者さんもよくこれだけネタを思いついたなと驚きました。

2話以降もどんな手を使って西方君をからかうのか

いつの日か高木さんにやり返せる時がくるのか

そこら辺が見所の1つですかね。

スポンサードリンク

3.どこかで聴いたことある曲

エンディングを聴いてたら間違いなくどこかで

聴いたことある曲だよね、これ!!と思ったんですよ。

調べてみたら2008年にいきものがかりがリリースしてた

気まぐれロマンティックのカバーということで

だから聞いたことあったのかと納得でした。

ちなみに歌ってるのは高木さん役の高橋李依さんです!

リゼロのエンディングであったり

結構な数のアニメ関連曲を歌っているんですけど

ほんと今回の曲みたいなポップな曲もいけるし

幅広いジャンルの歌が歌えるって凄いですよね。

対してオープニング曲なんですけど

前期は宝石の国でエンディング曲の

煌めく浜辺を歌われてた大原ゆい子さんです!

2期連続で主題歌担当ということで

今年も幸先の良い出だしじゃないでしょうか

聴いてみた印象としてはオープニング曲としては

ゆったりめで柔らかい感じですよね。

ラブコメディな作品なのでこれくらいの曲が

ちょうどハマってて良いのかもしれません。

曲に関してはまたリリースされた時に

詳しく紹介させてもらおうと思います!

からかうことを通じて進展していく

ラブコメディってこれまでなかったタイプの

作品だと思いますので気になる方は

是非とも見てみて貰えたらと思います!

主題歌紹介記事はこちら↓

レクタングル広告大

スポンサードリンク

レクタングル広告大

スポンサードリンク

フォローする

レクタングル広告大

スポンサードリンク