彼方のアストラ アニメED「Glow at the Velocity of Light」安月名莉子さんってどんな方?

2019夏アニメ主題歌

2019夏アニメの中でも

良くも悪くも話題になってた

彼方のアストラED曲ですね。

 

歌われてるのは2018秋に放送された

やがて君になるからこの1年で

アニメ主題歌をいくつも担当され

すっかりお馴染みになりつつある

安月名莉子さんです。

 

今回で3度目の主題歌担当なんですが

まだ紹介したことがなかったので

曲の聴きどころと共に紹介していきます!

 

作品紹介記事はこちら

 

 

引用:篠原健太/集英社・彼方のアストラ製作委員会

 

1.安月名莉子さんってどんな方?

やがて君になるEDで彗星のように現れ

どんな方なのかと気になってたんですけど

幼少期からミュージカル、TVへの出演と

芸能活動を行われてたんですね。

 

シンガーソングライターとしては

大学時代からスタート!

 

2018秋のデビュー時には

やがて君になるのOP曲と共に

Re:ゼロから始める異世界生活

劇場版挿入歌を担当と

華々しいデビューを飾られてます。

 

そこから間を置かず2019冬クールには

ブギーポップは笑わないEDを担当と

勢いを感じさせますよね。

 

春クールは一旦アニメ主題歌は

お休みだったんですけど

ゲームの主題歌を歌う傍らで

そちらのゲームの声優も担当

歌に止まらない活動を展開されてます!

 

元々、TVへの出演経験もあるからか

ここ最近はアニソン関係の番組で

お見かけする機会も多いんですけど

明るく軽快なトークに番組中で

ギターを弾けるという強みもあって

かなり重宝されてる感じがするので

今後も活躍が楽しみなお一人ですね。

 

2.この曲の作詞・作曲は?

今回の曲はどなたが作詞、作曲を担当されてるか

気になったので調べてみることに!

 

作詞はタナカ零さんが担当されてます。

安月名莉子さんへ楽曲提供するのは

今回が初めてとなるようで

Glow at the Velocity of Lightの

シングルカップリング曲では

作曲も手掛けられてるんですね。

 

タナカ零さんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

 

作曲はナスカってバンドでした。

紹介したことがなかったのでご紹介を!

 

2004年にデビューされて

楽曲提供を行いつつ活動されてます。

 

メンバー
佐藤大志さん ボーカル・ギター
山内麻里子さん コーラス・キーボード

 

これまでに坂道グループであったり

アニメ、声優さん関係では

遠藤綾さんノーゲーム・ノーライフEDと

少なからず関わって来られてるんですね。

 

3.Glow at the Velocity of Lightはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

今回は作家さんが変わったのもあってか

一気に雰囲気がガラッと変わりましたね。

 

歌詞がとても詩的で読み耽りたくなるんですよね。

タナカ零さんの書かれる歌詞って

前回のあそびあそばせOPも

そうだったんですが作品に関係する用語を

響きがよくなるように配置しつつ

1つの物語を曲の中に作り上げてあり

とても味わい深い内容になってるという。

 

今回、曲を手掛けてるナスカは

ノーゲーム・ノーライフEDで

切ない願いを綴った詞と曲で

アニメを盛り上げていたんですけど

タナカさんの歌詞と最高に相性が良いですね!

 

お互いの詞と曲が相まって

いつまでも曲の世界に浸りたくなる

圧倒的な世界観を形成してると感じました。

 

そんな曲を安月名さんが

歌声で表現されてるんですけど

彼方のアストラの舞台である

宇宙を感じさせる神秘的な

雰囲気を醸し出してますね。

 

どこからそう感じるのかと

何度も聴いてみたところ

透き通った歌声が一つの

要因なのかもと思い至りました。

 

神秘さを感じさせるというと

人間味がなさそうな

印象も受けるかと思うんですが。。。

 

聴いてみればそんなことはなくて

詞に描き出されてる何気ない日常も

一つ一つ細やかに表現されてて

込められた感情が滲み出てくるという。

 

宇宙の壮大さと身近な日常を

同時に描いた歌い手にとっては

表現が難しい曲だと思うんですが

そこを見事に表現されてて

安月名さんの表現力の高さを

ストレートに感じられる1曲ですね。

 

2019秋は2期連続となる

慎重勇者EDも担当されてるので

そちらの曲もどんな曲か楽しみです!

 

慎重勇者が気になる方はこちらもどうぞ

 

コメント