虚構推理 城平京さん執筆の小説を漫画化に続きアニメ化!監督は後藤圭二さん | アニドラブログ

虚構推理 城平京さん執筆の小説を漫画化に続きアニメ化!監督は後藤圭二さん

2019秋もシリアスな世界観のアニメが

数多く放送予定なんですけど

年が明けても気になる作品の

アニメ化は続くようですね。

原作小説、漫画のことも踏まえつつ

見どころ予想も交えて

紹介していきたいと思います!

参照:https://kyokousuiri.jp/

1.小説、漫画ともに各賞を受賞してる!?

2011年からシリーズ刊行されてる

虚構推理シリーズなんですけど

現在、3巻まで発売されてます。

1巻が発売された翌年の2012年には

第12回本格ミステリ大賞の小説部門を受賞

本格ミステリ・ベスト10 2012年版の

4位に選出されたりと話題となってました。

ただの推理物に止まらない独特の

作風は城平さんが過去に原作を手掛けていた

スパイラル~推理の絆~に通じるところが

あると感じましたね。

原作小説試し読みはこちらからどうぞ

そんな小説版から話題になってた作品なんですが

2015年からは少年マガジンR立ち上げ時の

目玉作品としてコミカライズされてます。

小説版虚構推理の第1巻で描かれた内容は

既に完結してるんですけど

原作小説の続編に合わせて

漫画版もまだまだ連載が続いてるんですね!

小説版とは違った部分もあるので

読み比べてる見ると面白いかもしれません。

漫画版試し読みはこちらからどうぞ

ちなみにこちらの漫画も

第6回 NEXTブレイク漫画RANKING BEST50

7位にランクインしたりと

原作同様話題になってました。

2.監督は後藤圭二さん

製作スタッフも発表されてまして

監督は後藤圭二さんが担当なんですね。

まだ紹介したことがなかったのでご紹介を!

1987年に発売された

レリックアーマーってOVA作品から

赤ちゃんと僕、PROJECT ARMS

機神咆吼デモンベイン

学園ベビーシッターズ

などの作品で動画、原画を担当。

1995年放送の爆裂ハンターから

エルフを狩るモノたちシリーズ

機動戦艦ナデシコ、ゲートキーパーズ

といった作品でキャラクターデザイン

も手掛けられてますね。

監督としては2002年放送の

キディ・グレードから

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ

戦国コレクション、エンドライド

といくつもの作品に参加されてます。

後藤圭二さんが制作参加されたアニメが気になる方はこちらもどうぞ

これまでの作品を振り返ってみれば

細やかな人物描写が見どころとなる

地獄少女、WIXOSS、輪るピングドラム

といった作品にも参加されてて

どれも見応えがあり鮮明に記憶に残ってるので

今回も楽しみなところじゃないかと思います!

3.シリーズ構成は高木登さん

もう一方、制作スタッフで

気になる方がおられたんですけど

シリーズ構成の高木登さんですね。

まだ紹介したことがなかったのでご紹介を!

1999年頃から脚本家として活動中

アニメだけでなく映画、ドラマの

脚本も手掛けられてます。

アニメは2003年放送の

TEXHNOLYZEから

地獄少女シリーズ

夏目友人帳シリーズ

とある科学の一方通行

脚本を書いてこられてますね。

シリーズ構成は2004年放送の

恋風からバッカーノ!

デュラララシリーズ

黒子のバスケ、ゴールデンカムイ

銀河英雄伝説と面白かった作品の

陰にはこの方あり!と言っても

過言じゃないんですよね!

高木登さんが制作参加されたアニメが気になる方はこちらもどうぞ

4.放送局は?いつから放送?配信、主題歌は?

どれも気になるところだと思うんですけど

まだ放送まで3ヶ月以上前ということもあり

まったく発表されていないので

分かり次第、更新していきたいと思います。

レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする

レクタングル広告大