映像研には手を出すな!各所で話題の漫画をアニメ化 制作はサイエンスSARU | アニドラブログ

映像研には手を出すな!各所で話題の漫画をアニメ化 制作はサイエンスSARU

2020年は年初から気になるアニメが

目白押しなわけなんですけど

こちらの映像研には手を出すな!も

そんな作品の1つですね。

月刊スピリッツに連載されてる

漫画が原作となってまして

そもそもこちらを読んだ瞬間の

衝撃はとんでもないものでした!!

アニメの見所予想を交えつつ

紹介してみようと思います。

参照:http://eizouken-anime.com/

1.まだ4巻なの!?と言いたくなる

2016年から月刊スピリッツに

大童澄瞳さんの手により

連載されてるこちらの漫画なんですが

まずは読んでみて下さい!

試し読みはこちらからどうぞ

いかがでしたか?

自分も今回アニメ化されると聴くまで

その存在を知らずにいたんですが

もっと早く出会いたかった!!

感じるくらいの衝撃でした。

漫画なんだけど、どこかアニメのような

不思議な世界が広がってるなと

思ってたら、作者の大童さんは

ご自身でアニメ制作をされたことがあるそうで

その時に学んだことを活かして

描かれてるからこその内容なんですね。

そんなこれまでの漫画の常識を

覆すような作品なんですけど

当然のことながら様々なところで

既に話題になっておりまして

これまで獲得した漫画賞だけでも

ブロスコミックアワード2017

俺マン2017第1位

といった感じで漫画好きの間では

知らない人のいない作品なんですね。

現在、単行本も4巻まで発売されてますが

一度読み始めると一気に読み終わってしまうし

まだ4巻しかないのか!?と言いたくなる

凄まじい魅力を持った漫画だと思います。

元々の作品にもアニメ制作の

手法が用いられてるので

そこら辺をアニメでどう描くのか?

1つ楽しみな部分じゃないでしょうか。

2.制作はサイエンスSARU

制作会社も発表されてまして

サイエンスSARUという会社でした。

まだ紹介したことなかったのでご紹介を!

2013年に設立された会社で

設立当初は妖怪ウォッチ、牙狼

クレヨンしんちゃんなどの作品の

制作協力、OP制作を手掛けられてたんですね。

2014年からはアドベンチャータイムの特別編を始め

夜は短し歩けよ乙女、夜明けを告げるルーの歌

DEVILMAN crybaby、SUPER SHIRO

と劇場、配信作品を自社でも制作するように!!

設立から7年経って今回の

映像研には手を出すな!が

初めてのTVアニメシリーズなので

どんなアニメになるのか

楽しみなところじゃないでしょうか。

3.監督・シリーズ構成は湯浅政明さん

制作スタッフも発表されてまして

監督は湯浅政明さんが担当されてます。

まだ紹介したことなかったのでご紹介を!

1987年にアニメの動画からスタート!

1990年からはちびまる子ちゃん

クレヨンしんちゃんと

原画を手掛けられてました。

間もなくフリーランスになり

クレヨンしんちゃんの作画監督、原画として

参加してたところから1993年から

現在に至るまで劇場版でも

設定デザイン・原画を担当したりと

関わって来られてるんですね。

監督としてはマインド・ゲームって

劇場アニメからケモノヅメ、カイバ

四畳半神話大系と手掛けてこられてて

どの作品も何かしらの賞を

受賞しているという状況で

改めてとんでもない方だと分かりました。

そんな形でアニメにスタッフとして

関わって来られてたんですけど

2013年には先ほどご紹介した

サイエンスSARUを設立されて

現在はアニメ制作の傍ら

社長業もされてるんですよね。

サイエンスSARU設立後に制作された

アニメは更に勢いが増してまして

ピンポン、夜は短し歩けよ乙女

夜明けを告げるルーのうた

ワイドショーで話題になってた作品もあるので

あのアニメの監督なんだ!?と

ピンとくる方もいるんじゃないでしょうか。

ここまで挙げさせて貰ったアニメが

どれも見応えがある作品ばかりだったし

久しぶりのTVアニメシリーズということもあって

注目が集まってるのも納得でした!

4.放送はいつから?配信はある?主題歌は?

放送局に関してはNHKの総合で

放送されることが発表されてます!

全国で見られるというのはありがたいことですね。

放送開始日、時間、主題歌は

まだ未発表なので分かり次第で

更新していきたいと思います!

レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする

レクタングル広告大