Fate/EXTRA Last Encore

2018冬アニメの新番ですね。

一通り書いたとは言いつつも

この作品のように早1月が終わろうという

タイミングで始まった作品も2,3本ありまして

最近はスタートのタイミングも随分と

自由な感じになったなとつくづく思います。

 

どこら辺が見どころになりそうか

1つずつ紹介していきますね!

 

f:id:matuka1004:20180201223238j:plain

参照:http://fate-extra-lastencore.com/

 

スポンサードリンク

1.原作はゲーム

さて、今日に至ってFateシリーズって

かなり幅広く展開してまして

正直なところFGOに手を出してない身としては

何が何やらと思ってしまう部分もありますけど

今回のアニメは2010年に発売された

RPGゲームが原作なんですね。

 

今回調べててRPGも出てたのか!

驚いた部分もあるんですけど

確かに1話を見て思ったのは

ストーリーの展開の仕方がRPGゲームの

進み方に近い演出だと感じたので

納得ではありました。

 

舞台は他のFate作品とは一味違ってて

2030年の月が舞台になってます。

 

そこで聖杯と同じように願いをかなえてくれる物体

発見されたのがこの物語の発端のようですね。

 

原作は未プレイなので先の展開は

全く分からないところなんですけど

1話から少しは解説も織り交ぜてあるし

詳しく知りたい方は公式ホームページに

用語解説もありますので良かったら

そちらも読んでみてください!

 

スポンサードリンク

2.お馴染みのキャラも多数

1話から凛とか桜が普通に主人公の通う

学校内に居てビックリしましたね。

 

1話じゃまだまだ世界観とか

その辺りがさっぱりな状態なのもあって

過去の作品とどんなつながりなんだろう?と

疑問に感じる部分が多数でした。

 

敵として登場してたのが

stay nightで活躍してた

サーバントのアーチャーモドキ

みたいなのだったんですけど・・・

 

模倣した存在にしてはオリジナルと

変わらないくらい強そうだったので

その辺りも単純に敵なのか?

もっと別の立ち位置の存在なのか?

かなり気になりましたね。

 

過去のシリーズをご存知の方だと

最後のシーンが一番気になると思うんですが

言峰 綺礼が佇んでまして

聖杯戦争だしやっぱり絡んでくるのかと。

 

1話からお馴染みのキャラ沢山で

伏線も数多く盛り込んであって

毎週楽しんで見れそうですね。

 

スポンサードリンク

3.オープニングが熱い!!

何といってもここは書いときたかったんですけど

今回のオープニングは新人の西川貴教さんです。

 

新人の」ってのはご自身がインタビューで

語られてるので詳しくはこちら↓をどうぞ。

「初めまして。新人の西川貴教です」。西川貴教、“西川貴教”名義の初シングルについて真剣コメント – 音楽WEBメディア M-ON! MUSIC(エムオンミュージック)

 

言われてみればこれまでTMRとしての活動

長いことされてきたわけなんですけど

個人名義で西川貴教として曲をリリースしたのは

今回が初めてになるんですね。

 

曲のタイトルがBright Burning Shoutなんですけど

1話でのセイバーの戦いぶりを見てたら

まさにこの曲名がしっくりとくるような感じで

そこら辺も曲に盛り込んで作ってあるのかなと。

 

曲に関してはまた別の記事でじっくりと

書かせてもらいたいと思います!

 

ストーリーも曲も話題に事欠かない

そんな作りになってると思います。

Fateを知ってる方も知らない方も

良かったら視聴してもらえたらと思います。

 

fate-extra-lastencore.com

レクタングル広告大

スポンサードリンク

レクタングル広告大

スポンサードリンク

フォローする

レクタングル広告大

スポンサードリンク