文豪ストレイドッグス アニメ 3期OP「セツナの愛」GRANRODEO 記念すべき30thシングル

2019春アニメ主題歌
引用:http://www.granrodeo.net/discography/

文豪ストレイドッグス劇場版から

引き続きでの主題歌担当となる

GRANRODEOなんですけど

今回で30枚目のシングルになるんですね!

 

文豪ストレイドッグス3期を盛り上げる

セツナの愛はどんな曲に仕上がってるのか?

聴きどころを紹介してみようと思います。

 

文豪ストレイドッグス紹介記事はこちら

文豪ストレイドッグス アニメ3期放送決定!気になる今回の主題歌は?
2018年の頭には劇場版も上映されてて 気にはなってた作品なんですけど 今回で3度目のアニメ放送になるんですね。 原作はヤングエース連載の漫画のようなんですが どんな作品なのか見どころ予想も交えつつ 紹...

 

 

他のアニソンも一緒に楽しみたい人はこちら

Amazon Music Unlimited 

 

 

1年ぶりのアニメ盤ジャケット!

ちょうど1年前と言えば、劇場版の文豪ストレイドッグス

上映されてた頃だったんですけど

その時の主題歌もGRANRODEOでした!

 

文豪ストレイドッグス 劇場版主題歌 Deadly Driveジャケット

引用:http://www.granrodeo.net/discography/single/deadly-drive-anime.php

 

こちらも一目見て作品の主題歌と

分かりやすいアニメ盤ジャケットが

用意されてたんですよね。

 

文豪ストレイドッグスって作品に関しては

1期もGRANRODEOが主題歌を担当されてて

その時から欠かさずアニメ盤ジャケットで

リリースされてきてるのでファンにとっては

そこも1つの楽しみな部分だと思います。

 

今回のジャケットはおっ!と思う部分があって

先日紹介したEDのLilyのアニメ盤ジャケットと

同じ場所での違った表情を描いてるという

面白い作り方をされてるんですよね。

 

EDのジャケットが気になる人はこちらもどうぞ

文豪ストレイドッグス アニメ 3期ED「Lily」ラックライフの綴る切なく力強い1曲
文豪ストレイドッグスと言えば! ラックライフが思い浮かぶんですが それもそのはずでアニメ1期から 今回の3期まで1度も欠かさず EDを担当し続けてるんですよね。 文豪ストレイドッグス紹介記事はこちら ...

 

OP,ED共にアニメ盤ジャケットがあるCD

というのも最近は少なくなってきてる中

こういう形の面白い試みを発見できると

何だか嬉しいし楽しい気持ちになれますよね!!

 

 

艶っぽさを感じるMV

GRANRODEO / セツナの愛 - short ver.

 

毎回、新曲がリリースされる度に

楽しみな部分の1つとしてMVもありますよね!

 

ハードな世界観×綺麗なお姉さん

 

とこの2要素が揃ってると

GRANRODEOだなっていう

不思議な安心感があるのは

これまでのMVにも通じる要素が

あったからなのかなと思う部分も。

 

タイトルに持ってきた艶っぽさというのは

出演されてるお姉さんもなんですけど

ボーカルKISHOWの一挙手一投足にも

色っぽさを感じる部分が多々ありまして

ついつい見入っちゃいますね。

 

曲だけでも十分楽しめるんですけど

こちらも見て貰えると一段と

セツナの愛って曲の世界観を

体感して貰えるんじゃないかと思います。

 

フルのMVは初回限定盤に付属してる

BDに収録されてるのでショート版を見て

気に入った方はフルも是非チェックしてみて下さい!

 

 

セツナの愛はどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

今回も芯の部分は変わることなく

 

作詞:谷山紀章さん
作曲:飯塚昌明さん

 

メンバーのお二人が魂込めて制作されてます!

 

イントロからサビまでは時間を掛けて

ねっとりと詞に描かれてる重めの

愛憎模様を歌い上げてる感じで

そこで溜めに溜めたものがサビで爆発してる

そんな印象を受けましたね。

 

歌い上げてる部分では細やかに

歌声の変化で詞の感情を表現されてて

この歌い方面白いと感じる部分も多々!

 

曲に関しては重たさと疾走感が

偏ることなくちょうどいいバランスで

組み合わさってて、聴き入るにも

曲と共にテンション上げるのにも

どちらにもあいそうなタイプの曲ですよね。

 

文豪ストレイドッグスの3期本編を見て

その後に歌詞を見返して貰うと

思いもしない気づきがあったりして

是非、見る前と後での聴き比べも試して貰いたい

 

2005年のデビューから14年目にして

30枚目のシングルをリリースと

まだまだ人気は衰え知らずなので

今後の活躍も楽しみなところですね。

 

 

他のアニソンも一緒に楽しみたい人はこちら
Amazon Music Unlimited

コメント