Windy

将国のアルタイルの2クールエンディングですね。

歌ってるのはCHEMISTRYなんですけど

自分ら世代にはお馴染みな気もするんですが

最近になるまで長らく音楽活動が

なかったんでどんなグループかってのも

含めて紹介してみようと思います!

f:id:matuka1004:20171125093741j:plain

参照:http://www.chemistry-official.net/s/n47/?ima=3432

スポンサードリンク

1.CHEMISTRYってどんなグループ?

元々のデビューは2001年ともう16年も前だったかと

今回、あらためて確認して自分でも驚きました。

メンバーは川畑要さんと堂珍嘉邦さんのお2人です。

デビューのきっかけはテレビのオーディション番組という

今のご時世だとネットだったり色々なところで

こういったオーディションとかってあるので

まさに時代の生んだ寵児って感じがしますね。

そこからはデビューシングルでオリコン1位を取ったり

スターへの道を突っ走ってたイメージだったんですけど

思ってた以上にリリースしたシングル、アルバムは

活動休止するまで売れ続けてたんですね。

2012年から一旦CHEMISTRYとしての活動を休止して

ソロで活動されてたわけなんですけど

川畑さんに関しては歌手だけでなくドラマに出演されてたり

多方面に活動を広げられてて今はこんなこともしてるんだって

ニュースで見かけるたびに思ってた覚えがあります。

堂珍さんに関してはソロ期間ってニュースで

取り上げられることはなかったものの

調べてたらロックに絞って音楽をやりつつ

主演映画を作ってみたり、仮面ライダーの映画に出てみたりと

こちらはこちらで様々な活動をされてたんですね。

そんな感じでそれぞれソロ活動を5年ほど行って

今年、2017年から再びCHEMISTRYとして

音楽活動を再開されたようです。

スポンサードリンク

2.この曲の作詞、作曲は?

作詞は松尾潔さんですね。

この方はCHEMISTRYの創成期から

長いこと関わっておられる方なんで

歌詞を眺めてみたらどこか懐かしさを覚えました。

別に歌詞の内容が古臭いとか

そういう意味ではなくて

初期の頃の曲の歌詞の感じに近くて

デビュー当時から聴いてる身としては

やっぱりCHEMISTRYって

この雰囲気だよねとしっくりきたと言いますか。

作曲は和田昌也さんとDaidoさんの

共作になるようですね。

和田昌也さんは調べてみたら

これまでにEXILE関係とかJ-POP方面

多数の曲を作曲してこられてるようで

CHEMISTRYとも2002年以来

ずっと一緒に音楽を作ってきてるのもあって

こちらもいい意味で懐かしさを感じる作りでした。

Daidoさんは調べてみたんですが

現在ははっきりした情報が出てこなかったので

また詳細がわかったら更新したいと思います。

スポンサードリンク

3.Windyはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

まさに曲名のごとく吹き抜けていく風のように

緩やかで穏やかなメロディで

聴いてて心地いい印象ですね。

歌詞に関しては別れた大事な人への

想いを歌ってるんですけど

悲嘆に暮れているわけではなく

近くにいなくても想う心は関係ない

どこか前向きな姿が歌われていると感じました。

ボーカルは途中ソロ活動を挟んだのもあってか

以前よりも二人の歌声の一体感が増してて

色々な活動がちゃんと形として表れてるのかなと

思わせてくれる素晴らしい歌声だと思います。

今回、初めてCHEMISTRYを聴くって方も

いるかもしれませんが是非とも曲を聴いてみて

気に入ったら過去の曲も聴いてもらえたらと思います!

Windyダウンロードはこちらからどうぞ

Windy / ユメノツヅキ(期間生産限定盤)

レクタングル広告大

スポンサードリンク

レクタングル広告大

スポンサードリンク

フォローする

レクタングル広告大

スポンサードリンク