ビッケブランカ 3度目のTVアニメ主題歌「Lucky Ending」フルバED曲はどんな曲?

2018春、秋とアニメ主題歌を

担当してこられてるんですけど

どちらも趣が違いすぎる曲で

同じ方が作ってるの!?

驚いた覚えがあるんですが

今回の曲でもまた驚かされました!

ビッケブランカってそもそも

ユニットなのか?人なのか?という方も

いるんじゃないかと思いますので

曲の聴きどころと共に

紹介してみようと思います!

作品紹介記事はこちら

参照:https://vickeblanka.com/discography/?page=1

1.ビッケブランカって?

ユニットなの?ソロなの?って

ところからなんですけど

男性のソロシンガーソングライター

ということでした!

ここ最近はアーティストもですが

作詞、作曲家の方でも名前を見て

調べてみたらソロユニットって

パターンが多いと感じるんですけど

ビッケブランカの場合は

ユニットではなかったんですね。

幼少期に家のピアノに触れたのが

原点のようなんですけど

その時には楽譜が読めず

学生時代はギターメインで

作曲をされてたそうです。

バンドとして活動されてたようですが

思い立ってピアノへ転向!

結果として現在のバンド+ピアノって

活動形態が確立されたようですね。

2012年頃から音楽コンテストや

イベントへ出演するようになり

2014年にはインディーズで配信リリース!

2年後の2016年からは

メジャーデビューされて

CDも多数、配信でもリリースと

型に囚われない活動ぶりだなと。

これまでリリースされてる

楽曲のジャンルも多彩

ロック、ポップ、バラードなど

出来ない音楽ないんじゃないか

思えるくらい色々と制作発表されてるんで

今後も予想外の曲が聴けそうで楽しみですよね!

ビッケブランカを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

2.この曲の作詞、作曲は?

今回の曲はどなたが作詞、作曲されたのか

気になったので調べてみることに!

作詞も作曲もビッケブランカとして

ご自身で全て手掛けられてるようです。

紹介のところで作曲については

触れさせて貰ったんですけど

詞についてもご自分で綴られてるんですね。

ツイッターでもつぶやかせて貰ったんですが

アニメ主題歌だけを切り取っても

ポップロック、アメリカンロック

そこに今回のバラードと一人でこれだけ

毛並みの違う曲を制作できるって事実に

鬼才という言葉が浮かびました!

今のところは他アーティストへの

楽曲提供はされてないようなんですけど

これだけ色々と制作できたら

今後はそちらでも活躍しそうな

気もしてきますよね。

3.Lucky Endingはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

初めて耳にして、ビッケブランカが

歌ってると気づいた時の衝撃は

半端じゃないなかったですね。

これまでアニメ主題歌になってる曲はこちら

昨年、春から主題歌曲は

一通り聴いていたんですけど

ビッケブランカはきっと

ロックがメインのバンドなのかなと

勝手な先入観を持ってた

のも手伝ってあまりの驚きに

目が点になりました。。。

今回は柔らかい音色のバラード

フルーツバスケットって

丁寧に人間ドラマを描いた

作品のED曲としては

最高の1曲だと感じましたね。

ボーカルもここまで立て続けに

ロックで来てたのもあって

どんな感じになるのかなと

気になるところだと思うんですが。。。

とても繊細に情感豊かに歌われてて

1人の人間でここまで振り切れるんだと

壮大なギャップに感動しました!!

歌詞もゆるやかなメロディを

邪魔することの無いよう

ちょうど良い位置に

英語詞が配置されて

ちょっとした感情の昂ぶり

その部分で表現されてて

作詞技術の巧みさも光ってますね。

平易なメロディになりがちな

バラードで気分の高まりを表現するって

本当に難しいと思うんですけど

詞、ボーカルのニュアンス

そこら辺を表現されていて素晴らしいなと。

まだ聴いたことないという方へは

公式でアニメで流れているverを

視聴できるようになってるので

聴いてみて貰えればと思います!!

アニメ映像版MVはこちら

ビッケブランカ / 『Lucky Ending』(anime music video)

制作するジャンルが限られないということで

次回はどんな予想の斜め上をいく

楽曲を聴くことができるのか?

今から次回作に期待しちゃいますね。

Lucky Endingダウンロードはこちらからどうぞ

レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする

レクタングル広告大