ヴァイオレットエヴァーガーデン アニメ OP曲「sincerely」TRUEの奏でる切なく優しい1曲

2018冬アニメの1本である

ヴァイオレットエヴァーガーデン

オープニング曲ですね。

歌ってるTRUEさんは最近では

すっかりアニソン主題歌アーティストとして

定着した感じがあるんですけど

どんな方か知らないって方も居ると思うので

曲と共に紹介してみようと思います!

作品紹介記事はこちら↓ 

参照:http://true-singer.com/

1.TRUEさんってどんな方?

本名は唐沢美帆さんと言うお名前で

元々、1999年に自身の名義で

歌手としてデビューされてたんですね。

その時の曲が劇場版アニメの逮捕しちゃうぞ

ユニットでの歌唱ではあったもののその時から

アニソンに関わっておられたんだなと。

TRUE名義としては

2014年から活動されてまして

デビュー曲だったバディコンプレックス

オープニング曲だったUNISONIA

初めて聴いた時に圧倒的な歌声の迫力に

鳥肌が立ったのを覚えてます。

その後は1年に2,3曲ペース

アニメのタイアップ曲を

リリースされてるんですけど

様々なジャンルの曲を歌われてて

その表現力の幅広さには驚かされますね。

TRUEさんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ!

2.この曲の作詞、作曲は?

今回の曲の作詞、作曲はどなたかなと。

作詞はTRUEさんがご自身でされてます

今回の曲に限らずデビュー曲から

全ての曲の作詞を自分でされてまして

どんなタイプの曲でもその曲にあった

世界観を描かれてるので毎回その歌詞を

眺めるのが楽しみだったりします。

今回の作曲は堀江晶太さんって方でした。

初めて名前をお見かけしたので

調べてみたんですけど

PENGUIN RESEARCH

メンバーの方なんですね。

そちらのバンドを見かけたのは

デュラララ結のエンディング曲

ジョーカーによろしくだったんですが

この曲がめっちゃカッコよかったんですよね!!

そんなわけで印象に残ってたんですけど

今回、調べてみたらかなりの数の楽曲で

作詞、作曲を提供されてるようです。

アニメの主題歌でいくと

テラフォーマーズ

ブレイブウィッチーズ

の曲を作詞、作曲されてたようで

気づかずに聴いてたんだなと。

どうやらボカロPのkemuとして

ボカロ曲の提供もされてるようで

幅広く活動されてるんですね!

堀江晶太さんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ!

3.sincerelyはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

オープニングとしては

珍しいタイプの曲かもしれないですね。

と思ってたらそこは本人さんも

OPってことで担当すると決まった時は

疾走感のある感じにしようとされてたようで

作品の空気感を大事にした結果

ミディアムバラードに行き着いたようです。

疾走感のある曲の時のTRUEさんの

勢いある突き抜けるような

歌声も好きなんですけど

今回の曲のように

じんわりと心に染みてくるような

温かみのある歌声も良いものだなと感じました。

正直、10年くらい前を振り返れば

バラードってあまり好みじゃなくて

どちらかと言えば疾走感のあるロックとか

そちらばかり聴いてたんですけど

ここ最近バラードであったり

ゆったりとした曲の良さが

何となく分かってきた気がします

そこら辺の良さを気づかせてくれたのも

やはりアニソンなんですよね。

こうやってブログを書こうと思うと

じっくりと聴かないと書けないって

こともあって、以前にも増して

1曲1曲しっかりと

聞くようになりました。

そうなってくると

ゆったりした曲の方が

メロディの細かいところや

ところどころの表現の仕方を

じっくりと堪能出来て面白いんですよね。

歌詞に関しても目を閉じて聴けば

パッとヴァイオレットエヴァーガーデン

の世界が目に浮かぶような

単語選びに言葉の綴り方

これ以上の主題歌はないだろうと思いました。

そんな歌詞と曲が相まって

温かい雰囲気を作り出してまして

聴いてたら切なくも温かい

気持ちにさせてくれますね

バタバタした日常に疲れてると

感じてる方には良い具合に癒しになる

そんな曲じゃないかと思います。

気になった方は是非聴いてみて下さい!

Sincerely (アニメ盤)

Sincerely (アニメ盤)

TRUE
1,205円(06/18 22:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする

レクタングル広告大