ソマリと森の神様 アニメ ED「ココロソマリ」冬に聴きたくなる心温まる1曲

2020冬アニメ主題歌

2020冬アニメの1本として

ハートウォーミングな物語を

毎週届けてくれている

ソマリと森の神様なんですけど

EDは作中でソマリ役を担当されてる

水瀬いのりさんが歌われてます。

 

今回のED曲であるココロソマリは

どこら辺が聴きどころなのか?

紹介していきたいと思います。

 

ソマリと森の神様紹介記事はこちら

 

水瀬いのりさんを詳しく知りたい方はこちら

 

 

引用:© King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.

 

1.親子の絆を描いたMV

ソマリと森の神様という作品は

森の守護神であるゴーレムと

人間の女の子ソマリが両親を探して

旅をするという物語なんですが

そこにリンクした親子の絆の温かさを

感じるられるような映像となってます。

 

MVはこちら

水瀬いのり「ココロソマリ」MUSIC CLIP

引用:© King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.

 

水瀬さんのこれまでの曲では見られなかった

大人な表情を見せつつ、想いを込めて

歌い上げてる姿にはついつい見とれてしまうんですよね。

 

水瀬さんが堤防で歌う姿と並行して

母と息子の2人がこれまでの出来事を踏まえつつ

お互いのことを想いあっている様子も

合間合間に映し出されているんですけど

そちらも色々と気になる部分の多い映像

見るのに集中してたら、気づけば見終わってました。

 

アーティストだけを映すMVも良いんですが

今回の映像のように歌い手とは違うところで

物語が展開されるという構成も目が離せないし

しっかりと見たくなるので面白いですよね。

 

2.この曲の作詞、作曲は?

今回の曲はどなたが作詞、作曲されたのか

気になったので調べてみることに。

 

作詞 水瀬いのりさん

作曲 櫻澤ヒカルさん

 

水瀬さんは以前、アルバム楽曲で

作詞を担当されたことがあったんですけど

シングルでは今回が初なんですよね。

 

声優として数多くのキャラを演じ

歌手としてもかなりの数を歌う中で

表現するということを追求してこられるのもあり

今回のココロソマリの詞も細やかに

心の動きが綴られてて目で追っても楽しめるんですよね。

 

作曲は櫻澤ヒカルさんなんですが

まだ紹介したことがなかったのでご紹介を!

 

2019年秋まではドリームモンスターに所属して

作家として活動されてたようですが

現在はフリーで活動中なんですよね。

 

これまで手掛けられた曲としては

アイドルマスターミリオンライブの楽曲

アニメでは京都寺町三条のホームズのOP曲

私に天使が舞い降りたのキャラソンがあり

耳にしたことがあるって方も多いかもしれません。

 

アーティストさんへの楽曲提供は

今回が2度目ということもありまして

今後の活動も気になる作家のお一人ですね。

 

3.ココロソマリはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

水瀬さんの詞の編み方って素敵だなと感じました。

 

しっかりとソマリと森の神様って

作品のことも違和感なく取り入れつつ

親子で過ごす何気ない日常の様子と

その時々に浮かぶ想いを飾らずに

真っ直ぐ綴られてるんですよね。

 

まだ、ご自身での作詞は数曲目ながら

聴く人の琴線に触れるような詞となってて

これから経験を積んだらどんな思いもしない

歌詞を書くようになるんだろうと楽しみになりました。

 

そんな素敵な詞を彩る櫻澤さんの曲なんですが

温かく包み込んでくれるような家族愛を感じさせる

柔らかく聴いてると心地の良いメロディなんですよね。

 

水瀬さんのボーカルは切なさをまといつつ

自分の想いを真っ直ぐ届ようとする

力強さも感じられるという不思議な味わいの

歌声となってて、じっくりと聴きこみたくなります。

 

曲の発表を重ねるごとにどんどん

表現の幅が広がっていく水瀬さんなんですが

今後はどういう方向に進化していくのか?

今回のココロソマリって曲を聴きながら楽しみになりました。

 

コメント