小倉唯 9thシングル「永遠少年」夏らしい爽やかな歌詞とメロディ

この記事の所要時間: 747

数多くキャラソンなんかも担当されてるので

毎クール歌声を聴いてる気がするんですけど

ソロでの主題歌担当は1年ぶりになるようです。

前回、主題歌を担当していた

徒然チルドレンの「Dear」は

落ち着いたバラード調の曲で

今回の曲とはまったく違ってるんですが

そこら辺も踏まえて小倉唯さんがどんな方か

曲の聴きどころと共に紹介してみようと思います!

徒然チルドレンが気になる方はこちらもどうぞ!

音楽少女紹介記事はこちら

参照:http://www.ogurayui.jp/discography/

スポンサードリンク

1.小倉唯さんってどんな方?

声優としては2009年から

活動されてるようですね。

夢色パティシエールでデビューして

そこからロウきゅーぶ、神様のメモ帳

織田信奈の野望、ヤマノススメなど

次々に主要キャラを演じてこられてます。

自分が気になったのはちょうど

ロウきゅーぶ、神様のメモ帳辺りで

キャラクターの声優だけでなく

主題歌、キャラソンも歌ってたんですが

周りには埋もれない個性的な感じ

面白いなと思ったのはよく覚えてますね。

最近では1クールに1,2作品は

主役を務めて来られてまして

声優としてなくてはならない

そんな存在の1人なのかもしれません。

この夏はこの記事で紹介している

音楽少女、ゆらぎ壮の幽奈さん

秋にはゴブリンスレイヤー

寄宿学校のジュリエットへの出演も決まってますね。

出演作品が気になる方はこちらもどうぞ!

音楽活動に関しては2009年の

石原夏織さんとのユニットであるゆいかおり

Stylipsとユニットとして活動しつつ

冒頭にも描いた通りでキャラクターソングも

かなりの数歌ってきてます。

それらの曲のジャンルも様々で曲によって

多種多様な面を見せてくれていたので

聴いてみて貰うと予想外の一面を発見できて

面白いかもしれないですね。

小倉唯さんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク

2.この曲の作詞、作曲は?

今回の曲はどなたが作詞、作曲されてるのか

気になったんで調べてみることに!

作詞は磯谷佳江さんって方でした。

初めてお見かけしたので

どんな方か調べてみました。

2000年に特撮の

タイムレンジャーの主題歌で

歌詞を担当されたのを皮切りに

ときめきメモリアル3、テニスの王子様

ソラノヲトなどゲーム、アニメと

幅広い作品の楽曲を手掛けてきたようです。

小倉唯さんとは最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。

エンディングの時から一緒に曲制作をされてるんで

そろそろ8年目になるんですかね。

これまで作詞された曲を見ていたら

この曲も書かれてたのかと印象深い曲も多かったので

気になる方は見て聴いてもらうのも

良いかもしれませんね。

磯谷佳江さんが気になる方はこちらもどうぞ!

作曲は小野貴光さんって方でした。

小野さんも初めてお見かけしたので

どんな方か調べてみました。

2006年頃から作曲活動されてるみたいで

テニスの王子様、薄桜鬼、アイマス

キャラクターソングを多く作曲されてまして

2014年遊戯王アークファイブのエンディング頃から

主題歌も手掛けるようになってきたようです。

小倉さん、磯谷さんとは2014年の

ヤマノススメセカンドシーズン

エンディングを一緒に制作されてまして

このメンバーでの楽曲制作は4年ぶりみたいですね。

ヤマノススメが気になる方はこちらもどうぞ

小野貴光さんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ!

お二人とも株式会社Time Files ,incって会社に

所属して活動されているようですね。

株式会社Time Files ,incを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク

3.永遠少年はどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

曲名が気になったんですよね。

どなたがつけたのか相談して決めたのか

色々と探してみたものの言及してる記事は

なかったわけなんですが

音楽少女の主題歌なのに「少年」って

ギャップがあって掴みはバッチリな感じだよなと。

ストレートに「永遠少女」ってつけても

良かったのかもしれないですが

それだと普通過ぎるってのも

あったのかもしれないですけどね。

今回の曲について語られてる

インタビュー記事があったんで

良かったら合わせて読んでみてもらえたら。

曲に関してはこれまでは

ガーリィで可愛らしい曲が多かった

そんな印象だったんですけど

そこからすると随分と変わった曲だと感じました。

タイトルの「少年」ってワードが

楽曲全般に影響してるのかもしれないですが

ボーカルの雰囲気も女の子らしいというよりは

どこか中性的でそこら辺にこれまでと違った

見たことなかった小倉さんらしさが表現されてるのかなと。

ちなみに歌詞を眺めてたら面白くて

一人称が私になってたり、音楽用語が入れてあったり

作品らしさが散りばめてあるんですよね。

曲に関しては夏らしく感じるような

爽やかで軽快なピアノの旋律が特徴的な

聴いてると気分が弾むような曲なのかなと。

応援歌らしく作ってるわけじゃないと思うんですが

どこかそっと背中を押してくれるような

そんな印象もある楽曲で小さい頃持ってた

気持ちを思い出させてくれるようなそんな側面もあって

聴けば聴くほど曲に抱くイメージが変わってきて

何とも不思議な味わいのある曲だと思いました。

上にリンクを貼らせてもらったインタビュー記事でも

新しい挑戦の曲だと語られてたので

そこら辺も曲の持つ不思議な魅力に繋がってるのかなと。

これまでの小倉唯のイメージをガラッと

変えてくれるような1曲だと思いますので

これまでの曲を聴いたことある方もない方も

一度、聴いてみてもらえたらと思います!

永遠少年のダウンロードはこちらからどうぞ

レクタングル広告大

スポンサードリンク

レクタングル広告大

スポンサードリンク

シェアする

フォローする

レクタングル広告大

スポンサードリンク