Just Because!

夕暮れ時の場面が多かったからか

何だか切ない雰囲気も感じる

第1話だったんですけど

これは青春群像劇として楽しむには

良さそうな作品なので紹介してみようと思います!

主題歌紹介記事はこちら

f:id:matuka1004:20171021174628j:image

参照:http://justbecause.jp

スポンサードリンク

1.久しぶりに見かけた設定

主人公が数年ぶりに昔住んでたところに

帰ったきて元の同級生と再会することで

ストーリーが始まるって設定なんですが

ここ最近あんまり見かけなかったよなーと。

確かにこれまでと環境が変わるって

明確に示すには転校って要素は分かりやすいし

見る側も違和感なく入りすいかもしれないですね。

後は中学時代に主人公と同級生が

一緒に野球やってたってのも

ここのところあまり見かけなかった設定かなと。

久しぶりに再会した2人が投手と打者として

勝負することになってたんですが

1話は躍動感もあってそこの部分が

1番の見どころじゃないでしょうか。

個人的にはそこのシーンを見終わった後は

何とも言えない爽快感というか

そんな感覚を感じてました。

スポンサードリンク

2.音楽を使った演出の巧みさ

この作品の登場キャラは

野球部、写真部、吹奏楽部と

色々な部活に所属してる面々が

各々、関わっていく展開になるようなんですが

1話は音楽の使い方がとても素敵でしたね。

主人公と同級生がひょんなことから

勝負することになったところを

写真部の子が見かけて撮影しようとする。

そこの背後では吹奏楽部の練習の音色が

響いてるわけなんですけど

場面が盛り上がるにつれて音楽も

良い具合に盛り上がるようにあわせてあって

最後の勝負がつく瞬間は

まさに最高潮の盛り上がりで

思わずグッと引き込まれましたね。

こうやって音楽を効果的に使える作品は

結果として全体の雰囲気がよくなる気がするので

2話以降の演出も気になるところです!

スポンサードリンク

3.ラインのやりとりでのストーリーの進展

この演出ってここ最近の学園物だと

視聴者に感情移入させやすくするためか

ちょいちょい見かけるんですけど

この作品も随所にこの演出が入ってました。

現在では当たり前のように毎日使ってる

ツールが画面の中でも使用されてると

改めて意識せずとも作品世界に

浸りやすいのかもしれませんね。

後は見慣れてるやりとり画面に

近いものの方が案外スッと印象に残って

そういえばキャラ同士が

こんなやりとりしてたなと

思い出しやすいところも

この演出の仕方の良さなのかもしれません。

そうそう、表示の仕方がスマホ画面ではなく

画面の上にデカデカと表示されるのも

これまでにない感じではないかと思います。 

放送は終了してしまってるんですが

配信に関してはFOD、U-NEXT、Hulu辺りであれば

同時期に放送していた他の作品も

合わせて見ることができるので

便利じゃないかと思います!

各配信サイトを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

配信公式サイトはこちらからどうぞ

アニメ公式サイトはこちらからどうぞ

レクタングル広告大

スポンサードリンク

レクタングル広告大

スポンサードリンク

フォローする

レクタングル広告大

スポンサードリンク