Lost Paradise

この記事の所要時間: 345

王様ゲームのエンディング曲ですね。

歌ってるのは久しぶりに

見かけた気のするPileさんです。

 

ラブライブ好きにはお馴染みだと思いますが

初めて知ったという方もおられるかと思いますので

曲と共に紹介してみようと思います!

 

作品紹介記事はこちら↓

www.matu1004.com

 

 

f:id:matuka1004:20171226213503j:plain

 

 

スポンサードリンク

1.Pileさんってどんな方?

2006年にオーディションに受かって

そこから芸能界デビューと。

 

2010年にラブライブ西木野真姫役で

声優デビューしてから個人としての

活動にも勢いがついた感じのようですね。

 

2013、4年と一緒にラブライブに出演してた

声優さんたちとユニット組んだりしつつ

ソロでも2014年にデビューしてます!

 

そこからは少年漫画関係で

テンカイナイトに始まり

デュエルマスターズから

ワールドトリガー

主題歌を担当してきてます。

 

これまでの記事でも書いてるんですが

個人的にはロックテイストな曲

本当に好きなわけなんですが

Pileさんの意向かプロデュースの兼ね合いなのか

デビューからずっとロックな曲が続いてて

これまた本人の歌声とあうんですよね!!

 

ラブライブの時を知ってるって方には

いい意味で度肝を抜かれる

ギャップがあると思うので

オススメだと思います!

詳しく知りたい方はこちら↓も合わせて読んでみて下さい!

Pile Official Web Site

 

スポンサードリンク

2.この曲の作詞、作曲は?

今回も調べてみることにしました!

作詞は安田尊行さん、作曲はミライショウさんなんですね。

どちらも初めてお見かけしたので

どんな方か詳しく紹介させてもらいます。

 

作詞の安田尊行さんは元々Zillion SONICって

ヴィジュアル系バンドのボーカルだったそうで

現在はSPACEY MUSIC ENTERTAINMENTという会社で

プロデュース業であったり多方面に活動されてるようです。

 

ヴィジュアル系バンドのボーカルってこともあってか

これまでのデビューシングルからの

どの楽曲の歌詞もストーリー性が強くて

今聴き返してもどの作品の曲かすぐに分かるくらい

各々の作品の内容が反映されてる気がしますね。

詳しく知りたい方はこちら↓も合わせて読んでみて下さい!

SPACEY オフィシャルブログ「 YASUのblog」Powered by Ameba

 

作曲のミライショウさんは調べてみたものの

どんな方かはっきりとはわからなかったですね(^-^;

 

2015年頃からアニソンやゲームソングを

提供しておられるようです。

 

個人的には野水伊織さんのD.O.Bの作曲を

担当されてたってのが驚きでした。

好きな曲だったんですけどこの方が制作されたのかと

2年越しにちょっと嬉しくなりましたね。

 

ここ最近だとアイドル事変のキャラソンであったり

デュエルマスターズの主題歌を担当されてたようで

次はどんな曲を聴かせてくれるのか

個人的には楽しみなところです!

詳しく知りたい方はこちら↓も合わせて読んでみてください。

MIRAI SHOW OFFICIAL SITE

 

スポンサードリンク

3.Lost Paradiseはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

ハードでダークな雰囲気

まさに王様ゲームの主題歌って曲だと思います!

 

歌詞に関しては本編を見てたら

おっ!と思うようなフレーズ

結構、盛り込んであって最終回まで見て

聴き返したらまた感じ方が変わるかもしれませんね。

 

曲はハードって書かせて貰ったんですが

作品の持つ重々しい空気を表現しようと思ったら

こんな感じで楽器を思いっきりかき鳴らすくらいで

ちょうどいいくらいかもしれませんね。

 

 

ただ、重いだけじゃなく疾走感もあるんですけど

そこら辺から本編で時間に追い立てられてる

主人公たちの姿が連想されてきて

恐らくアニメが終わって半年、1年経ってから

聴き返しても王様ゲームの主題歌と

思い出せるんじゃないでしょうか。

 

ボーカルに関しては去年の暮れの

デュエルマスターズの主題歌以来

久々に歌声を聴いたんですけど

相変わらずカッコいい歌声ですよね!

 

完全に個人の好みの話にはなるんですけど

女性ボーカルでカッコいい歌声の方って

なかなか多くはないと思うんですよね。

 

カッコいい歌声のアーティストさんが好きだ!!

って方には間違いなくオススメできると思います。

 

気になった方は是非とも聴いてみて下さい!

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大