ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ! アニメ OP「空が呼ぶほうへ」はどんな曲?

ついこの間、歌声を耳にしたと

思ってたんですけど

ブレイブウィッチーズ放送から

もう3年も経ったんですね!

今回、曲を紹介する

501部隊発進しますっ!

ストライクウィッチーズの

スピンオフ作品ってことで

これまでのアニメシリーズとは

ひと味違う感じなんですけど。。。

その主題歌はどんな曲なのか?

石田耀子さんの人となりと共に

聴きどころを紹介してみようと思います!

作品紹介記事はこちら

参照:http://yokoishida.com/discography/

1.石田耀子さんってどんな方?

ここのところアニソンデイズ

アニソンプレミアムと出演されて

デビューからの話を聴く機会も多く

見聴きしたことある方もいるかもしれませんね。

1990年に開催された

アニメシンガーコンテストで

グランプリを獲得!

そのことがきっかけとなり

後に本人の代名詞になる

美少女戦士セーラームーンED曲

乙女のポリシー」で

アニソン歌手としてデビューされてます。

これまでシングル24枚、アルバム4枚と

かなりの数のCDをリリースされてまして

ちっちゃな雪使いシュガー

灼眼のシャナ、ああっ女神さまっなど

人気作品の主題歌を担当してこられてますね!

今回も主題歌を歌われてる

ストライクウィッチーズシリーズの曲は

2008年から歌い続けていて

昨年10周年を迎えたということで

乙女のポリシーと合わせて

石田耀子さんと言えば!

考えた時に思い浮かぶ作品

になったんじゃないかと思います。

ちなみに自分が石田耀子さんの

歌声をしっかりと意識して聴いたのは

ロボットアニメ主題歌を

ユーロビートアレンジした

アルバムでたまたま歌われてて

耳にした時だったんですよね。

出会い方がかなり珍しい感じだったんで

その後、アニメ主題歌として

石田耀子さん自身の歌を聴いた時には

全く違った雰囲気で驚きました。

ここ最近では新妹魔王の契約者 BURST

ヒナまつり、クラシカロイドなど

幅広く主題歌、挿入歌を担当されてて

25周年を迎えて一段と

活躍の場を広げられてますね。

石田耀子さんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

2.この曲の作詞、作曲は?

今回の曲はどなたが作詞、作曲されたのか

気になったので調べてみることに!

作詞はミズノゲンキさん

作曲は睦月周平さん

といくつものアニメ主題歌を

制作してこられたコンビでした!

過去の曲紹介記事でお二人のことは

詳しく紹介させて貰ってるので

気になる方は合わせて読んでみて貰えたら!

これまでのコンビ制作曲が気になる方はこちらもどうぞ

今回の曲を聴いた時も一瞬で

ストライクウィッチーズの曲だよねと

ピンと来たんで過去のシリーズ主題歌も

確認してみたわけなんですけど

このお2人がストライクウィッチーズの曲を

手掛けるのは今回が初めてなんですね!

これまでのシリーズの主題歌も

よくよく見てみたら作詞、作曲の方が

同じ組み合わせって続かなかったようで

クリエイターが変わりつつも

作品らしさを維持できてるって

とんでもないことじゃないかと思いました。

今回の曲に関しては

ストライクウィッチーズらしい

明るさ、前向きさはおさえつつ

最近のアニソンらしい

メロディも盛り込んであって

面白い作りだと感じましたね。

3.空が呼ぶほうへはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

朝一に聴くにはちょうど良い

柔らかい優しく背中を押してくれる曲ですね。

柔らかい雰囲気というのは

デビューからずっと変わらない

石田さんの歌声の持ち味の1つだと思うので

時折、ふっと聴きたくなる魅力があるなと。

歌声は柔らかいんですけど

大空へ突き抜けるような疾走感のある曲

そこら辺から明るさや前を向いて

進もうって感じを受けるんですかね。

そうやって書くと曲によっては

何だか気が急くタイプの曲

あったりするんですが。。。

石田さんの優しい歌声と合わさってるからか

そこまでガンガン攻め立てるような

空気を感じないところが面白いんですよね。

3年ぶりのストライクウィッチーズ楽曲で

これまでのらしさはしっかりと踏まえつつ

違った良さも備えてるそんな曲だと思うので

是非とも聴いてみて欲しいですね!

空が呼ぶほうへダウンロードはこちらからどうぞ

レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする

レクタングル広告大