女子高生の無駄づかい コミックNewtype連載漫画をアニメ化!制作はパッショーネ

2019夏アニメ

2019夏アニメの1本ですね。

夏と言えばぶっ飛んだギャグアニメ!

とここ数年は定番化してきてるんですが

その流れは今年も続くようです。

 

夏に放送されたギャグアニメが気になる方はこちらもどうぞ

 

 

 

 

原作はコミックNewtype連載の

ウェブ漫画なんですけど

どんな作品なのか見どころ予想を交えつつ

紹介してみようと思います!

 

今すぐ見たい方はこちらからどうぞ

ドコモ公式/dアニメストア 【初回31日間無料】[PR]

 

引用:©ビーノ/KADOKAWA/女子高生の無駄づかい製作委員会

 

1.かなりの話数無料で読める!?

冒頭にも書かせて貰ってますが

原作はコミックNewtypeに連載中の

ビーノさんが描かれてる漫画です!

 

コミックは4巻まで発売されてまして

コマ割りが1ページ4コマずつで読みやすく

数ページで1話描かれてます。

 

ここ最近はスマホで読む方も多いので

こういったコマ割りの方が

読みやすいのかもしれないですね。

 

気になる方は放送前に読んでみると

より楽しめるかもしれません!

 

試し読みはこちらからどうぞ

 

 

ビーノさんはもう一作品

コミックNewtypeで連載されてまして

宇宙とかと比べたらちっぽけな問題ですが

という作品なんですけどこちらも

シュールなギャグ漫画となってます。

こちらは隔週連載なんですよね。

 

原作だとあまり動きのない感じなんですが

そこに声と動きが加わることで

どんな化学変化が起きるのか

楽しみなところです!

 

ちなみに第1弾PVが公開されてますので

こちらを見て貰うと雰囲気は

感じてもらえると思います。

 

PVはこちら

TVアニメーション「女子高生の無駄づかい」PV第2弾

引用:©ビーノ/KADOKAWA/女子高生の無駄づかい製作委員会

 

2.制作はパッショーネ

制作スタッフも発表されてまして

制作はパッショーネが担当するようです。

まだ紹介したことがなかったので紹介を!

 

2011年設立ということで

まだ8年目の新しめの会社なんですね。

 

これまで制作してきたアニメとしては

はいたい七葉RAIL WARS!

ひなこのーとcitrus

ハイスクールD×D HERO

臨死!!江古田ちゃんなど

どれも質が高くて安心して見られる

アニメだったそんな印象ですね。

 

パッショーネが制作されたアニメが気になる方はこちらもどうぞ

 

 

これまでレギュラー枠でギャグアニメを

手掛けたことはないようなんですけど

どんな作品に仕上がるのか

楽しみな点の1つじゃないでしょうか!

 

3.監督は高橋丈夫さん!

こちらも気になるところだと思うんですが

監督は高橋丈夫さんなんですね。

まだ紹介したことがなかったので紹介を!

 

1991年放送のジャンケンマンから

ゲートキーパーズぴたテン

いちご100%Strawberry Panic

などの作品に絵コンテ、演出として

参加されてたんですね。

 

監督としては狼と香辛料

ヨスガノソラまおゆう魔王勇者

六花の勇者citrus臨死!!江古田ちゃん

など、ここ最近はパッショネ作品に

欠かせない存在になってるようです。

 

高橋丈夫さんが制作参加された作品が気になる方はこちらもどうぞ

 

これまで高橋監督が手掛けた

作品を振り返ってみたら

ザ・ギャグアニメ!って作品はなくて

日常作品の中でギャグ要素ありと

いう感じだったんですよね。。。

 

直近で放送された江古田ちゃんでは

3分という短い尺ながら

見事に爆笑させられたので

今回の女子高生の無駄づかい

どんな映像を見せて貰えるのか

今から放送が楽しみですね!

 

4.主題歌、配信情報

気になるポイントの1つなんですが

主題歌も発表されてます。

 

田中望     赤﨑千夏さん

菊池茜     戸松 遥さん

鷺宮しおり 豊崎愛生さん

以上、主役3人組による

 

OP「輪!Moon!dass!cry!」

ED「青春のリバーブ」

という2曲が流れるようなので

放送で聴けるのが楽しみですね!

 

主題歌紹介記事はこちら

 

残念ながらテレビ放送は終了してますが

配信に関してはdアニメストアであれば

2019夏アニメもかなりの数配信されてるので

まとめて見るのに便利ですよ!

 

dアニメストアはこちらからどうぞ

ドコモ公式/dアニメストア 【初回31日間無料】[PR]

 

dアニメストアを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

 

コメント