胡蝶綺 ありそうでなかった信長の幼少期を描いたアニメ!監督は阿部記之!

2019夏クール放送放送作品として

発表されてる作品の1つですね。

織田信長を扱った作品って

アニメ、ゲーム関連だと

山のようにあるわけなんですけど

今作は幼少期からの信長を描くという

これまで無かった感じの作品のようです。

原作無しのオリジナルアニメなので

どこら辺が見どころになりそうか

予想も交えつつ紹介してみようと思います!

参照:http://wakanobu.com/

1.既に小説連載がスタート!

これまで媒体としての展開のない

1からスタートの作品なんですけど

アニメ放送にあわせて先行して

アニメージュで小説連載がスタートしてます。

そちらはキャラクターデザインの

中嶋敦子が絵脚本の笹野 恵さんが

文章を執筆されてるんですけど

前日譚、番外編として

展開していくようなので

気になる方は放送まで追いかけていくのも

ありじゃないでしょうか!

ちなみにアニメージュもいつの間にか

電子書籍としても配信を始めたようで

紙の雑誌を購入しても良いし

電子書籍で読むって方法もあるんですね。

連載小説が気になる方はこちらからどうぞ

ここ最近のオリジナルアニメって

先行して漫画だったり

ラジオでアニメの内容を公開したり

これまで見たことのない

展開の仕方が多くて面白いんですよね。

オリジナルだからこそ

ネット上にまとめ情報もない

自然と漫画だったり、ラジオが

気になると思うんで視聴者のことを捉えた

上手い展開の方法だと思います。

放送前に先行展開されたアニメ作品が気になる方はこちらもどうぞ!

2.監督は阿部記之さん!

制作スタッフも発表されてるんですが

監督は阿部記之さんが担当されるようですね。

こちらのブログでまだ紹介したこと

なかったのでどんな方なのか紹介を!

1986年にスタジオぴえろへ所属して

アニメ制作に参加することに。

1988年放送ののらくろクンから

ドッジ弾平、ちびまる子ちゃん、ヒカルの碁

七つの大罪、キリングバイツ、サンリオ男子などで

演出、絵コンテを担当されてます。

監督としては幽遊白書を始め

烈火の炎、GTO、東京ミュウミュウ

BLEACH、黒執事 Book of Circus

アルスラーン戦記、BORUTO

見てきた作品も数多くあるし

人気作も多いので、この方が関わってたと

知ることができて感慨深いものがありますね。

これまで制作参加された作品が気になる方はこちらもどうぞ

上に挙げさせて貰った作品を見ても

アクションシーンが多い作品が並んでるんですが

どれも臨場感のある描き方で引き込まれる作品ばかりだったし

今作、胡蝶綺も信長が題材で恐らくは

アクションシーン満載になりそうと言うところで

期待できるんじゃないでしょうか!

阿部記之さんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

3.キャラクターデザインは中嶋敦子さん!

凛とした雰囲気のあるイメージイラストで

パッと見で目を引くと思うんですけど

キャラクターデザインは中嶋敦子さんが担当されてます。

まだ、紹介して事がなかったので紹介を!

1982年からアニメーターとして

活動されているようですね。

これまで手掛けた作品は

うる星やつら、らんま1/2、BLOOD+

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

ギルティクラウン、将国のアルタイルなど

有名作品、人気作品で作画監督、原画を

担当してこられてます。

キャラクターデザインに関しては

らんま1/2を始めとして

逮捕しちゃうぞ、薄桜鬼シリーズ

坂本ですが?、東京喰種トーキョーグール:reなど

同じ方がデザインしてたのか!?と

調べててほんとに驚きました。

逮捕しちゃうぞ、薄桜鬼辺りは

何となく同じ方かなとも思うんですが

作品ジャンル問わず幅広く描ける技術力に脱帽です。

原作絵のないオリジナルの

キャラクターデザインとしては

2013年放送のメガネブ以来

2度目になるみたいですね。

これまで制作参加された作品が気になる方はこちらもどうぞ

中嶋敦子さんを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

まだまだ、放送開始日、配信、主題歌など

未発表の情報も多いので、

そちらは分かり次第で

更新していきたいと思います。

アニメ公式サイトはこちら

レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする

レクタングル広告大