アザレア

この記事の所要時間: 44

citrusのオープニング曲ですね。

歌ってるのは前期食戟のソーマ

エンディング曲を担当されてた

nano.RIPEなんですが2期連続での

主題歌担当ということで

どこら辺が聴きどころになりそうか

紹介させてもらおうと思います!

作品紹介記事はこちら↓

 nano.RIPEを詳しく知りたい方はこちら↓をどうぞ!

参照:http://www.lantis.jp/release-item/LACM-14704.html

スポンサードリンク

1.裁判の判決は如何に?

この見出しじゃさっぱり何のことやらですけど

今回の曲もMVが制作されてるんですが

その内容が裁判の様子を描いた

ショートドラマテイストになってて

その合間に演奏してる姿も映ってる感じですね。

www.youtube.com

MVに関してはこれまでもいくつも

制作してこられてるんですけど

今回のはストーリー仕立てなのもあるし

結末が気になって最後まで見入っちゃいましたね

合間合間で映る演奏シーンと裁判のシーンで

きみコさんの見た目の雰囲気が全く違って

良い具合にギャップがあるんですけど

そこが1つ見所じゃないかと思います。

裁判って題材を扱ってるんで

シリアスに終わるかと思いきや

クスッと笑える要素も織り交ぜてあって

こういった映像を撮れる方って

本当に凄いなと改めて思いましたね。

こちらのMVも見てもらえたら

曲をより楽しんで貰えると思うので

気になった方は是非見てみて下さい!

スポンサードリンク

2.この曲の作詞、作曲は?

今回の曲の作詞、作曲は

どんなかと調べてみたんですけど

安定の作詞はきみコさん、作曲は佐々木淳さんでした。

作詞に関しては歌詞の端々に

citrusって作品を象徴するような

単語やフレーズが所狭しと盛り込んであって

まさに主題歌にピッタリな内容だと思います。

もちろん、今回も歌詞の中に

前回の曲とは違った形で壁が立ちはだかっても

乗り越えて進んでいこうとする姿が

描かれていてそこも聴きどころになるかなと。

曲はサビまでの部分はどこか鬱屈とした

雰囲気も漂ってる気がするんですけど

サビでバーッと弾ける感じで

聴いてて気分も晴れてきますね

こうやって意識して聴き始めて

2曲目なんですけどよくよく聴いてみれば

nano.RIPEの曲の構成って

どの曲もサビまでに溜めたものを

サビから後で解き放つような作りになってるのかなと。

スポンサードリンク

3.アザレアはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですが

聴けば聴くほどcitrusって作品と

イメージがどんどん重なっていく気がしますね。

この曲を聴きこんでみて思ったのは

数多くのアニソンを手掛けてきてる

と言うのもあるとは思うんですけど

どうやったらこんなにそれぞれの作品に

合わせた歌詞が書けるんだろうなと。

これまでの曲もそうだったんですが

1クールの間聴き続けてたら

その後、半年、1年経ったとしても

聴けばすぐに何の作品の曲なのか

パッと思い浮かぶ程の強い印象を残せる

というのはほんと凄いと思います。

ボーカルに関して思ったのが

今回のMVを見てもらったら

分かってもらえると思うんですが

きみコさんって表情豊か

MVを見ててそこに目が行くんですよね。

これまでも歌声を聴いてて

曲によって表現の仕方が

驚くくらい変わってると思ってたんですが

今回のMVを見て全身を使って

表現してる様子を見てたら

そういった印象を持ったのも納得でした。

2期連続で主題歌を担当されてて

この2曲が全く違ったタイプの曲だと思うので

アザレアを聴いてみて貰いたいのは勿論なんですが

虚虚実実も合わせて聴いてみて欲しいところですね。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大