Hibana THE SIXTH LIE 1stシングル!作品とリンクしたPVは必見!

この記事の所要時間: 451

ゴールデンカムイのエンディングで

初めて曲を聴いたんですけど

何だか幻想的な雰囲気の曲で

どんなバンドなんだろうかと気になりましたね。

THE SIXTH LIEってどんなバンドなのか

曲の聴きどころと共に紹介してみようと思います!

作品紹介記事はこちら

参照:https://thesixthlie.jp/discography

スポンサードリンク

1.THE SIXTH LIEってどんなバンド?

調べてみたら結成されたのは2015年とのことで

今年で3年目になるバンドなんですね。

メンバーは

Arata ボーカル

Reiji ギター、プログラム、キーボード

Ray ドラム

以上の3人構成のようです。

これまでにミニアルバム1枚、アルバム3枚

配信シングル1つと3年にしては多めな枚数の

CDをリリースしてこられてると思うんですが

配信ではないシングルをリリースするのは

今回のHibanaが初めてのようですね!

そんなリリースされたCDの中でも

今年の3月に発売されたSINGularityって

アルバムが日本語版と英語版の

2種類発売されてるそうでその部分は

他のバンドと比べても珍しいところじゃないでしょうか。

ライブ活動もかなり積極的

バンドだけでの開催分もあれば

イベントへの参加ってのも

数多く出演されているようです。

既に海外ツアーも経験されてて

満員御礼だった上に物販のCDが

売り切れるほどの盛況ぶりだったようで

そういった部分からも今後の活躍が

気になるバンドの1つかもしれませんね。

THE SIXTH LIEを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク

2.この曲の作詞、作曲は?

どなたが作詞、作曲されてるのか

気になったので調べてみました!

作詞はギターのRayさんなんですね。

これまでリリースした曲のほとんど

作詞を手掛けられてるようです。

一方で作曲はドラムのReijiさんが担当されてます!

こちらも作詞のRayさん同様デビューから

ほとんどの曲で作曲を担当されてるんですね。

過去の楽曲も良い機会だったので

見聞きしてみたんですけど今回の曲とは

全く違ったデジタルサウンド満載なロックが多くて

どうやら本来はそちらが本流なんですね

先ほども簡単に書かせてもらった

3枚目のアルバムでは英語詞も書いてるし

詞も曲も良い意味で他のバンドとは一線を画してて

次回はどんな曲を作ってくるのか

気になるところかなと思いました。

スポンサードリンク

3.Hibanaはどんな曲?

さて、肝心の曲の話なんですけど

初めて聴いた時にふっと雪景色が浮かんだんですよね。

恐らく、曲の作り方なんだろうと思うんですが

どこか幻想的で雪が降り積もったまさに

ゴールデンカムイの舞台のような景色

彷彿とさせてくれる曲だと感じました。

そんな雪景色を感じさせてくれるような

幻想的な感じもあるんですけど

サビになると一転して激しさを増して

曲名になってるHibanaを連想させるような熱さがあるし

そこがギャップになってて面白いんですよね。

歌詞に関してもこの記事を書いてる

最中に見つけたインタビュー記事で

Rayさんが語っておられたんですが

作中の要素を盛り込んで書かれてるのもあってか

聴けば聴くほどゴールデンカムイの

世界を歌詞の中に発見できる

そんな内容じゃないかと思います。

インタビュー記事が気になる方はこちらもどうぞ!

ここまで書けてなかったんですけど

ボーカルのArataさんの歌声が

とても透き通ってるのに力強くて

そこも不思議な世界観を形作る

要因の1つになってる気がしますね。

そんな曲の世界を視覚的にも表現してる

MVが公式で公開されているので

気になる方は是非とも合わせて見てみて欲しいですね!

秋にはゴールデンカムイ第2期の放送も決定してるので

出来ることなら引き続きで主題歌を担当してくれると

嬉しいところなんで発表が楽しみだなと。

Hibana公式サイトはこちら↓

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大