黒猫のウィズサントラ感想

この記事の所要時間: 38

 

matuka1004.hatenablog.com

 f:id:matuka1004:20170911203718j:plain

 

つい先日届いたと報告をさせて貰っていた

黒猫のウィズのサントラを聴いてみました。

 

正直なところ枚数も曲数も

かなり多いのもありまして

まだまだ現在進行形で聴いているところです。

 

視聴途中ではあるんですけれど

今回は4周年ということで

3曲だけなんですが本編のBGMと

人気イベントである幻魔特区スザクと

黄昏メアレスの2作品のBGMを

繋いでアレンジしたオリジナル曲が

収録されているのでその3曲の感想を

書いておきたいと思います。

 

まずは1曲目のメドレー ~The World of Mystic Wiz~です。

黒猫のウィズ本編のBGMのアレンジですが

出だしからゲームを始めた2年半前に

引き戻されるような懐かしさを感じました。

 

そこからは各エリアの曲であったり

途中はトーナメントで各ギルドマスターの

専用曲として流れていた曲が挟んであったり

ストーリーを進めていた時のことだけでなく

過去の魔道杯のこともふと思い出せる仕様になってます。

 

ここ最近は全く魔道杯の上位を狙ってませんが

かなりの熱量で取り組んでたなと自分でも

我がことながら驚きました。

 

後半はつい最近までノクトニアポリスを

攻略してたのもあって聞き覚えのある曲が

これでもかとグイグイ迫ってくる感じでした!

 

この1曲だけでも12分ほどあって

残り2曲もほぼほぼ同じくらいの長さなので

1枚のCDに3曲しか入ってないものの

聞き応えがあると思います。

 

2曲目はメドレー ~AUDEAMUS CUM FORTIA~ですね。

こちらは幻魔特区スザクの分なんですけど

ちょうどウィズを始めた時のイベントがこのスザクの第1弾だったので

思い入れがあると言えばあるんですかね。

 

いや、ほんとに始めたばかり過ぎて全くもって

ストーリーが読めなかったんですよね(^-^;

後から復刻したときに読んでこういう話だったのかって(笑)

 

その後も最終的には3まで続いたので

随分と長寿なイベントでしたね。

中には5まで続いたのもありましたけど

そちらは今回はメドレーの候補にはならなかったようです。

 

こちらの曲はアレンジがロック調にしてあるんですが

元々の原曲がロックよりだったのもあって

いい具合にパワーアップしているというのが

1回聴いてみての感想ですね。

そもそもロック大好きな性分なのでこの曲は

おいおい聴きこんでみなきゃいけないですね。

 

最後の3曲目はメドレー ~mareless, tearless, dearless~ですね。

こちらは昨年くらいに第1弾が開催された黄昏メアレスの

BGMアレンジだったんですけども出だしからオシャレでした。

詳細はブックレットに書かれていたのでまだ読まれていない方も

いるだろうということであまり書けませんけど

こういうコンセプトの曲の作り方って良いなと思いました。

 

ここ数年なんですけど個人的にジャズテイストの曲が

だんだんと好きになってきましてそれに伴ってか

はてまてアニソン界隈の流行もあるのかここのところ

ジャズテイストの曲が増えてきてて嬉しい限りです。

 

ついこの間開催されてた黄昏メアレスⅢのBGMで

ボーカル入りがあったんですけどこれはジャズではなかったですが

しんみりと染み入る感じが良かったんですよね。

残念ながら最近過ぎて今回のサントラには収録されてませんでした。

 

そんなところでしょうか。

どの曲もやはり4周年記念ということで

かなりの力の入れ具合なのでこの3曲だけでも

サントラを買った価値があったと思わせてくれる出来だと思います。

 

残り9枚もぼちぼちと聴いてみて

また感想を書けたらと思います

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大